GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

コンテスト対象
新たなるストライクのー鼓動ー

新たなるストライクのー鼓動ー

新生GUNSTAさんへの初投稿となります。よろしくお願いします。
今回は自分専用機として、ストライクガンダムを作成しました。作成にあたってのコンセプトは「強化版ストライク」です。
~以下サっトーの脳内設定です~
オーブではウズミ・ナラ・アスハにより「オーブは他国を侵略しな、他国の侵略を許さない、他国の争いに介入しない」という理念の下で中立国の立場をとっていた。しかし、その傍らでは自国防衛の目的として主力MSの開発が行われていた。C.E.71年時においてはアストレイシリーズとストライクベースの機体(後のアカツキ)で制式採用の検討が行われていた。結果として後者はヤタノカガミのコスト高騰による量産困難やOSと専用装備が未完成だったこともあり、実戦に投入できる状態ではなく、開発は凍結され制式採用はM1アストレイに軍配が上がった。
その後、機体そのものはアカツキ島にて保管される事となる。この時点で保管されていたものが「型式番号GAT‐X105-2 機体名ストライクMk-2(仮)」である。その後も開発は続いており、モルゲンレーテ社スタッフの下、開発が継続され、オーブのフラッグシップ機としてその理念を反映し、防御力を重点に置いた機体「アカツキ」として極秘裏に完成した。
という設定で、実戦投入されることのなかったアカツキの前駆的機体を自分なりに作ってみました。
概要としてはストライクベースで各所アカツキやその他のパーツ流用、筋彫りによるディテールアップを行いました。
それでは以下、武装解説とアピールポイント紹介になります。

M2M5D12.5mm自動近接防御火器
頭部に内蔵されているバルカン砲。

72D5式ビームライフル「ヒャクライ」
アカツキ計画凍結後に開発された武装の一つ。アカツキのものと同一。
ストライクガンダムが使用するビームライフルをベースにした改良品。フォア グリップの代わりにサーベルのマウントラッチが設けられている。

基本武装としてのビームライフルはアカツキに特徴的なヒャクライを使いました。そのままのデザインでは面白くないので、若干のアレンジをしています。

MA-M941 ヴァジュラ ビームサーベル
セカンドステージシリーズのMSと共通のビームサーベル。
消費電力の軽減など、バッテリー稼働のMSで運用されることを前提とした改 良がなされている。

左サイドスカートにラックを作り1本装備しています。ダブルオーやAGE系の平たいものを装備させたかったので柄の部分はデュナメスのものを使用しました。

ストライクブレードS(サーベル)
後述するオリジナルストライカーに2本装備される、実体剣とビームサーベル を兼ね備えたマルチ近接武器。
刀身はさほどなく、小回りの利く武器なので多くの場面で使われる。
下方に位置するビームサーベルは任意でON、OFFを切り替えられるので敵機の 意表を突くことができる。

前述したビームサーベルと差別化できるような装備にできたかなと思います。武器類の中では一番のお気に入り!!自分としては見ないタイプの武器なのでオリジナリティーを出せました。
そしてこの武器、実は・・・!

ヒャクライ+ストライクブレードS
アカツキ同様二つの武器を組み合わせることで銃剣にすることが可能。アカツキと比べてこちらは刀身が実体剣のためビームライフルの重量と長さが増加することで斬撃性能の向上は見込めたが、射撃性能の低下なども同時に懸念されたため制式採用には至らなかった。

とまぁ、欠点を挙げましたがそんなことは一回置いといて、かっこよければ取り敢えずOK!
ガンプラバトルなら実際はプラスチックなので関係ない!(と思う。)ヒャクライを使う以上、このギッミクだけは絶対外せなかったので簡単な工作を行い連結できるようにしました。

MX2200 ビームシールド
左前腕部に装備されたビームシールド発生装置から発生する。
ビームの出力を調整することで防御面を自在に変化させることができる。ストライクフリーダムと同様のものであるが、こちらは核エンジンを持たないため、一度の出撃でのエネルギーは有限のためむやみに使用できないという大きなハンデがあった。

ここは既存のストライクのシールドと迷いましたが、「強化版」というコンセプトを踏まえ、あったら強そうなビームシールドを採用しました。キットのままでは色が薄いと思ったのでクリアー色で濃くしました。

アーマーシュナイダー
腰部サイドアーマー内に格納されたナイフ型の武器。右サイドスカートにラックがあり、そこに2本装備される。

近接武器ですが、パイロットはガンダムダブルオー大好きなので基本的にエクシアさんのように飛び道具として使用することを想定して付けました。
武器考えるうえで、サイドスカートに収まらないし、いらないかな~と思いましたが、僕が単純に”アーマーシュナイダー”が好きなので装備させました。
やっぱり、ストライクガンダムである以上このポーズは自分の中で必須事項なので(笑)

ヒャクライですが、右前腕に装備できるようにしています。(ストライカー非装備時のみ)ガッチリ固定されることでロックオン性能上がる!かもしれないという脳内設定です。

シルバークストライカー(silver ark, striker)~銀翼の箱舟~
ストライクMk-2の実戦投入を想定して専用に開発が進められていたストライカーの「一種」。開発担当者が戦況にマルチに対応できるエールストライカーの開発思想(「航空能力」と「推力の増加」)に主眼を置いていたので、それ同様に機動力とストライクブレードSによる近接戦闘力アップが見込まれる。

ストライクガンダムを制作するうえではやはり、オリジナルのストライカーは欠かせませんでした。制作期間の大半はこれに費やしました。夜な夜ないじっては、あーだこーだ考えてどうにか納得のいくスタイリッシュな形にできました。
やっぱり、ビルドファイターズ系のパーツは形がかっこよく優秀だなと感じました。
オリジナルのものを作るのであれば、名前も大事!!!と思い、考えたのが上のです。カラーリングも並行して考え、邪魔にならない色を選択しました。
そこから、「銀色⇒☆銀の竜の背に乗って 運んでいこう~⇒銀:silver、運ぶ→箱舟→ノアの箱舟:ark⇒シルバー、アーク⇒シルバーク!!!となりました。
☆の歌詞が分かった方はぜひコメントお願いします。

では最後に、こだわりポイントを3点。
まずは肩のパーツです。使用したのはダブルオーダイバーのものです。そのままでは味気なかったので、ストライクに特徴的なアーチっぽいパーツを工作して付けました。同じの4つは大変でした。

次に下腿外側ですが、SBストライクのものに変更して、追加でジャンクパーツとプラバンでディテールアップしました。これにより全体が下方に広がるきれいなシルエットになりました。

ここは少し妥協もあり不格好ですが、ストライクの胸部をパテで延長し尖らせ、その上から切り出したプラバンを付けています。アカツキを意識したこともあり、初の試みでしたが上記の方法で何とかアカツキのデザインに近づけることができたと思います。

SEED OPのタイトルバックやプラモのパケ絵のポージング。以外にバシっと決めるの難しいですね(;・∀・)

~ラストカット~
季節がら、家の前に桜が咲いているのでそれをバックに一枚!この時期にSEEDコンあってほんとによかった。GUNSTAさんありがとうございます。

みてくださった方、長い間のお付き合いありがとうございました。今回は失敗もしながら試行錯誤の上完成したガンプラだったので、多くを語ってしまいました(;^_^A
しかし、これがなるべくたくさんの方の中に少しでも残るものになるといいなと思います。次回作も乞うご期待ください!

自分専用機第2弾!!!、ストライクガンダムMk-2 SEEDコン参加してます。よろしくお願いします(*´▽`*)

コメント0件