GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

F-97・E フリント改

F-97・E フリント改

木星戦役時にエオス・ニュクス号に配備されるはずだった機体。フリントと呼ばれてるが、実際はX系であったらしい。しかし何番機かは不明。バイオコンピュータがない為、本当かどうか怪しい。

貴族主義の家で保管されていたが、宇宙戦国時代突入と同時に売却された。

長年の整備不良がたたり、ビーム兵器はほとんど使えない(そもそもロールアウトからザンスカール戦争まで稼働した記録がない)。脱出機能も働かなくなっているため、戦闘には向かない。現状では木星製のX-13に劣る。

今では作業用として、崩壊したコロニーを修復して回っているらしい。

武装は実弾マシンガン、パワーカッター/ビームバーナー、ビームザンバー。

羽織っているのは、ただの保護シートでありABCマントではない。

頭部バルカン砲は最初から搭載されておらず、ビームサーベルは固着して引き抜けない(コア・ファイターも)。唯一使用出来るビームザンバーも出力が低下している他、刃の形状が安定しない。

フルメンテナンスは可能だが、木星圏まで運ぶかサナリィのスタッフだったフランク・オズ等の技術者を探すしかない。

コメント0件