GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

デュエルガンダムAb

デュエルガンダムAb

4/26 写真追加。
デュエルガンダム アサルトシュラウド。その強化パーツの方向性を増加装甲でなく、機動力強化をコンセプトにして再設計したザフトの試作兵器という設定です。
PS装甲を持つ兵器と対峙することを前提とし、搭載兵器は頭部イーゲルシュテルン以外ビーム兵器のみ。
次世代用の試作ビームライフルも装備しています。
また、消費の激しいバッテリー駆動の限界を延ばす目的もあります。
右肩のレールガン、シヴァもビームキャノンに換装しています。
左肩のミサイルポッドはオミット。
武装はビームライフル×2、ビームサーベル×2、ビームキャノン×1、頭部イーゲルシュテルン×2。

胸部増加装甲、脚部増加装甲にそれぞれスラスターを追加。
もともとのアサルトシュラウドスラスターより大推力の物へと交換されています。
増加装甲自体も軽量化が図られており、防御力はやや落ちているものの、その分機動力が上がっています。

バックパックもより大推力のスラスターへ交換+増設。
地球上ではグゥルに搭乗しながら戦うことが基本だったアサルトシュラウドですが、エールストライク並みの機動力を実現。
その代わり、バッテリー駆動時間が短めな点が課題となっています。

ザフトとしては、連合のストライクに辛酸を舐めさせられながらも、要所において戦術を変えることの出来る点については、その発想と技術力を認めていました。
ストライカーパックのように、アサルトシュラウドを主力兵器のジンに装着させることが出来れば…という発想の元、ひとつの形として完成したのがアサルトバーニアンです。
アサルトシュラウドがメインになる事はありませんでしたが、戦況に応じた装備の変更という発想は、その後のセカンドステージシリーズ、ミレニアムシリーズへと受け継がれていくことになります。

という設定のもと、作成してみました。
単純にデュエルガンダムが好きなことと、アサルトシュラウドという発展させ甲斐のある装備があったので、デュエルガンダムをチョイスしました!

アクションポーズ。
試作型ビームライフルにて敵迎撃!

アクションポーズ。
片方のビームライフル弾切れ…?
投げ捨ててサーベル抜刀か!?

横向きのアングルで。
全体の装備が良く見えるワンショットを。

意外と制作途中撮ってなかった…
使用キットは
・HGSEED デュエルガンダムアサルトシュラウド
・HGSEED MSV ジンハイマニューバ
・HGUC GP01Fb です。
胸部の接続方式が違うので、デュエルのビームサーベルを切り飛ばして受け軸にしました。

ラッカー使用塗料は
クレオス
・エイザーブルー
・ミッドナイトブルー
・黄橙色

ガイアノーツ
・メカサフライト
・ニュートラルグレー1

タミヤ
・レーシングブルー
です。

カメラやバーニア内部等はファレホで筆塗りです。

久しぶりの一作です! 上手くまとまったと思うのでご覧下さい!

コメント0件