ヴァイオレットホーク

ヴァイオレットホーク

Iフィールドやアンチビームコーティング等の対ビーム兵器に対抗するために開発された機体であり、武装には基本的に光学兵器を使わない仕様になっているため長時間の運用を可能とした。
メイン武装にはビームライフルを実弾型に改造した徹甲榴弾型電磁加速砲を使用している。電磁加速砲の採用により標的までの着弾時間の短縮と徹甲榴弾の採用により着弾時の破壊力の増加に成功した。
サブ武装には攻防一体を目的として高周波型シールドブレードを使用している。この武装は切断性が高く、押し当てるだけで切断効果が得られる。
この機体はメインスラスターの出力が高く、機動性に優れているが、メインスラスターが下半身にあるため、重力下ではバランスが取れず飛行することができない。そのため宇宙、地上でのホバリングもしくは、降下中のグライディングなどでしか機動性を発揮できない。

  • サイトの埋め込み

コメント0件

ジム系、バイザー系、可変機大好き人間

ジェスタ高出力試験型(ヴェルデルーパ)

近年、ビーム兵器の性能が高いため受け凌ぐために装甲を厚くするスタイルで…

新着ガンプラ作品

  • 0
  • rating_star0
  • 16