GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

令和元年最新作
ガンダムバラムガルーダストライカー

ガンダムバラムガルーダストライカー

バラムシリーズ四つ目の装備。厄災戦時にMAが自身を空中戦専用にカスタム。地上からの狙撃も宇宙からの奇襲でも仕留められないため開発された空中戦闘装備。新システムを使用し、滞空時間を延長。エネルギーの効率もよくした。機体の軽量化のため武器は一つと内蔵武器のみとなっている。

大型両刃ブレード。中央に数発だが実弾があり射撃(近距離のみ)が可能

本機のメインシステム「エアドライブシステム」長時間の滞空を行うために作られ、機体を滞空させるために空気を使っている。そのためスラスターはこのシステムはエイハブリアクター1つを使用している。

両肩からでてる羽は胸部カノン砲の余剰エネルギーからできている。羽を展開すると速くなる

そしてこの機体の目玉武器、胸部カノン砲。エイハブリアクター1つをこのカノン砲とエアドライブシステムに使っている。MAを溶解させれるだけの火力。

すべては‥ここから始まった‥‥

最初は量産型のエヴァ風に白でまとめようと思った

バラムシリーズ四つ目の装備です!空中戦闘が可能なガンダムフレームがいないと思ったので作ってみました!

コメント0件