GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

HG プロヴィデンスガンダム

HG プロヴィデンスガンダム

HG プロヴィデンスガンダムを改修して製作しました。 今回のテーマとしてはキット素組みだとかなり細いプロポーションで華奢な印象だったので横方向をメインに延長しマッシブさを足す方向で製作しました。特にボディ・脚部・ドラグーン基部はパテを使用し大幅な形状変更を行っているためキットを組んだことのある方なら違いにすぐ気づかれるかと思います。 またスジボリによるディテールアップと塗り分けを行い色の情報量も足しています。

MGのディテールとロボット魂のプロポーションを足して2で割ったような感じに仕上がりました。各間接にはRevive版ストライクフリーダムを使用したので可動範囲も飛躍的に上がりました。

バックショットです
ドラグーン基部はMGを参考にスジボリを施しています。脚部にはバーニアを数個埋込み、しいたけで放熱フィンも再現しました。

正面です。
脚部を太く、フロントスカートを大型化、胸部も大型化しましたがクビレを付けることによってマッシブさがより強調されたかと思います。

プロヴィデンスは主に明るめの塗装か暗めの塗装で別れますが今回は暗めの塗装で仕上げました。スジボリを生かすべくカラーモジュレーションで情報量を足しました。またディテールを殺さないようデカールはバランスを見ながら少なめに貼りました。

ビームライフルもかなり大型化したので
担いで撃つポースには非常に満足しています。

ドラグーンエフェクトは
タミヤから発売されている軟質プラ棒とMGハイニューガンダムのファンネルエフェクトを組み合わせて再現しました。
かなり迫力も増してプロヴィデンスのカッコ良さが数段上がった気がします。

製作過程です
シールドもかなり薄く細かったので写真のように分厚く大型に加工しました。
またキットのままでは全体的に曲面が多かったので直面を増やすように加工を行いました。

ヘッドです
あまり好みではない顔だったのでフェイスをくり抜き、Reviveインパルスのフェイスを移植し、気になる箇所を加工し仕上げました。またバルカン砲も開口しメタルパーツを仕込みました。

ボディです。
横幅をかなり伸ばしたり、突先の延長、襟の延長などを行っている為素組みと大きく印象が異なるかと思われます。
それに伴い動力チューブは取り付け不可能となった為アルミパイプとスプリングを主に用い自作しました。3次元の曲線を6本作ったので今回の製作で1番苦労した箇所となります。

脚部です。
かなり細い印象で頼りない感じがしたので下半身は全体的に太く改修しました。

腕部です。
Reviveストフリを主に使用しそこからパテで形状を変更しました。細かくスジボリしたので塗り分けした甲斐がありました。また左腕にはネオジム磁石を仕込みシールドと接続しています。

ドラグーン基部は縦方向横方向1cmずつ延長したのでかなり大型になりました
大型化したボディと相まって満足のいく仕上がりになりました。

素組みからの全体の比較です。
形状変更した後にスジボリなどのディテールアップを行いましたが、形状変更した段階で理想の形にはなりつつあったので楽しみながら製作できました。

Twitter以外の写真もありますのでよかったらご覧下さい

コメント6件

  1. @EuroAa 5か月前
    • つばさ 5か月前
  2. @Riku 5か月前
    • つばさ 5か月前
  3. トランザム野郎 5か月前
    • つばさ 5か月前