GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

連邦チーム
RX-177RD レッドディスティニー 重火力装備

RX-177RD レッドディスティニー 重火力装備

ガンスタ初投稿になります!

元々はガンダムブレイカー3にて作っていたものを実物のガンプラで再現した機体となっています。

外伝作、ブルーディスティニー の最後の戦いで3号機の頭部が復元可能なレベルで残っていて連邦がそれを回収し、EXAMシステムの解析のため、頭部を復元し当時開発中だったMk- IIの試作パーツや思考中の試作技術のテスト機として急造された機体みたいな感じをイメージしてます
またこの機体
エゥーゴ側にもって行かれる流れにあり
カラーリング、及び名称はエゥーゴ側でつけられたものである
時期としてはU.C.0086に造られた機体です

上記の写真は追加装備非搭載状態
頭部から入手した情報を基にBD-3に近い見た目になっている部分もありつつMk-Ⅱのパーツも使っている。
バックパックも基の形をベースとして新造しており、試作段階の汎用武装換装システム《ヴァリアブル・ハードポイント・システム(VHS)》用のアームが3つ搭載されている(パワードアームズパワーダーの関節パーツをつけてます)
これは様々な追加武装を着け外しできるものでこれに対応した装備や戦闘中に拾った装備もマウント可能になっておりパイロットの技術にもよるが継戦能力の向上、様々な戦場への対応力を高めている

そして追加武装を使用した重火力装備は
ジャイアントガトリング改、バスタードブレードを装備した状態
ちなみにこの呼び方はパイロットによりつけられた俗称で公式での呼び方ではない

ジャイアントガトリング改
5号機にて使われていたガトリングガンを改良して装備させたもの
火力の向上よりも軽量化に重点を置いて改良している

バスタードブレード
パイロットの要望により新造された装備
MS装甲以上の硬度を誇り表面には対ビームコーティングが施されており盾としても使用可能
また一発限りのパイルバンカーも搭載されており重装甲な機体や戦艦も粉砕できる威力を誇る
(アスタロトリナシメントのバスタードチョッパーとデモリッションナイフを連結し長さ調節したものです)

バックパック追加武装非搭載状態

ガンスタさんで初めて投稿させていただきました!

コメント0件