GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

GMS-00 アルバ・ラビット

GMS-00 アルバ・ラビット

人生初のオリガンであり、平成最後の作品。つまり過去作です。
ベースはTR-6にバインダーガンとビルドブースターを瞬間接着剤で貼り付け
干渉する脚部背面の副翼的なパーツおよびMA形態のオミット
という感じですかね。

ここから妄想

苦手な方は、戻るボタン推奨

形式番号:GMS-00 アルバ・ラビット
通称 :アルバ・ラビット
開発 :ユニバーサル・ガーディアン社
全高 :18.0m
本体重量:38.7
全備重量:63.6
動力源 :ハイブリット型核太陽炉
装甲材質:対ビーム防御金属ラミネート装甲材
OS :UG製MS OS
[武装]
プロミネンスブレード
後部2連装ビームレールカノン
専用ビームライフル
コンポジットシールドブースター
パワービームバズーカ
スラッシュビット

設定
UG製 MS OS を積んだ初の機体。
この OS はシステムへ外部補助AI端末ハロを組み込む事で、情報処理と簡単な補助操縦を任意で行なってくれる為、操作技術が低くても高性能MSを扱えるように工夫された OS となっている。
当機体は、データ採取用として運用されUG社のMS開発に大きく貢献している。
武装も豊富で次々と開発される武装は、全て一度当機でテストされ、ロールアウト前の機体に専用装備として調節され配備される。当機体の専用装備と言われるものは、バックパックに接続された後部2連装ビームカノンおよび、コンポジットシールドブースターのみである。カインズ・クルーズ専用機ではあるが、現在のところUG社には他に当機体を動かせる人間がいない為、専用機となっているが
彼でさえ最大出力の当機体は満足に扱えないという状況である。

補足

という妄想の元作成。
ちなみにUG社(ユニバーサル・ガーディアン社)というオリジナル企業が出てくるのですが、元ジャンク屋の現在は、武器製造からテストパイロット派遣、果ては民間軍事会社の真似事までという様な何でも屋という設定。

上記のことから分かるのは、
超高性能MSを凡人パイロットが扱うという設定がしたかったと言うことの一点ですね。

ビルドブースターとの接着に一番苦労しました。
(。´・ω・)b

正面
TR-6は個人的に正面ショットがお気に入り!

背面
この4枚の羽がスラッシュビットという
イメージ一応外せるが、パーツが直ぐへたる。

側面

上記のパワービームバズーカを構え

コメント0件

カインズ・クルーズさんがお薦めする作品0件