GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

RGM-89D ジェガンD型(ユウ・カジマ機)

RGM-89D ジェガンD型(ユウ・カジマ機)

ラプラス動乱の際にユウ・カジマが搭乗していた(とされている)機体。
連邦きってのエースであるユウのためにカスタマイズされている。

第二次ネオ・ジオン抗争ののちユウ・カジマのもとに配備したとされる機体。
機体色をかつての乗機を彷彿とさせる青系統で塗装されているのが特徴である。

バックパックは高機動型を装備。さらにスラスター出力の高いものへ換装されており、一般兵にはとうてい扱えないピーキーなものになっている。

武装はほぼ他機と同様のものを装備。
腕部は耐久性を重視し、共通パーツを使用しているアンクシャのものを流用している。

シールドそのものは流用物である。が、基部はビームトンファーを装備した特殊なもので
試験的に装備されている。

このビームトンファーは基部がいわゆるビームサーベルの柄なので取り出して用いることも可能であり、かつ
ビームガンとしても機能する。シールドに武器を備える風潮が強まるなかで、ハイエンド機のようにビーム兵器の搭載を目論んでの装備と言われているが詳細は不明である。

最後までご覧いただきありがとうございました。

かつて投稿した機体を再び撮影し復活させました。ぜひご覧ください!

コメント0件