GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

陸戦型ガンダム試験装備運用仕様

陸戦型ガンダム試験装備運用仕様

713第二小隊員が一年戦争時に所属していた部隊で運用された陸戦型ガンダムの改修機。
様々な機体のテストパーツや装備を搭載している。

基本的に陸戦型ガンダムの装備は全て使用可能。

特殊な兵装の一つとして挙げられるのはこの試製79式携行式ロケットランチャー2式。
ハイパーバーズカと競技した結果正式採用されなかった1式の後継機種。
パイロットが好んで使用している兵装の一つ。

本機が背面に装備しているリボルバーも特殊といえる。
このリボルバーは基本的に弾丸が装填されておらず、その時々に応じて信号弾や音響弾、実弾等の様々な弾種を使い分けることができる。

本機の脚部にはドムに対抗するためのランドスピナーが装備されている。
これは現地の前線兵からの要望で試作されたもので市街地等の足場が良い場所以外では使えない弱点こそあれ、性能は十分とされる。

本機のバックパックは連邦軍で図面に起こされた機体のバックパックを模したもの。
模したと言っても性能は陸戦型ガンダムのものを上回るもので、パイロット達からは好評。

この機体は前述してある通り713第二小隊の過去の搭乗機です。 当時の部隊の機体もたくさん投稿したいですがなにぶんテストがある故(^_^;) テスト明けたら本格的にガンプラ製作に取りかかるのでどうぞそちらもご覧下さい。

コメント2件

  1. @MurakumoGen 5か月前