GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

すーぱーはまーん様

すーぱーはまーん様

ハマーン様「室長!室長はいないっか!?居らぬのか。この”連邦軍 対 ジオン軍“最終局面で可変開発室を留守にするとは….。むっ!?この扉….!この扉は何だ!?この様な扉があったとは….。室長!ここか!?」

ハマーン様「ここは….!ここも、なにやらMSの開発室の様だが…。」
???「フフフ….よもやこの様なところまでやって来るとはな、ハマーン・カーン…アクシズのカリスマ指導者様のお出ましか….。」
ハマーン様「何奴!?」
???「貴女が来てくれるとは嬉しい限りだ…ハマーン・カーン。」
ハマーン様「お前は….室長…ではないのか…!?」
ozy「フフフ….残念だが…。私はozyという者だ。今はそれ以上でも以下でも無いのだよ..。」
ハマーン様「この感じ….。室長と変わらんがな。フン、まあ良かろう。貴殿、この様なところで何をしておるか?」
ozy「新たなMS時代の幕開けという事さ。フフフ….貴女にも手伝って貰おうか…。もうすぐ最後の扉が開く….。」
ハマーン様「フン、勿体ぶるではないか。この扉の向こうに新たなMSがあるという事か。」
ozy「さて、新たな舞台の幕開けとなるかな…?」

ハマーン様「こ、これはっ!!!!」
ozy「どうかね?ハマーン・カーン。」
ハマーン様「これは私のつもりか!!私の許可も無く、何という物を作っておるのかっ!!恥を知れっ!俗物がっ!!」
ozy「フフフ….これが人の夢!人の望み!!人の業!!!もう作ってしまったからな…。もう誰にも止められはしないさ…!」
ハマーン様「フン、これが私か?大した造形も出来ない癖に大きく出たものだな。」
ozy「ほう…、これはこれは、お言葉ですな。勇ましいことですな…はっはっはっはっ…」
ハマーン様「何がおかしい。造形が甘いのは事実であろう。」
ozy「ふむ…。そこは否定出来ないかな…。どうしたものかな…既に幕は上がっているからね…。フフフ。」
ハマーン様「貴殿はこんなモノを作ってどうするつもりなのだ!?」
ozy「ハマーン・カーン。君も知りたいだろう。人の飽くなき欲望の果てを。進歩の名の下に、狂気の夢を追った、愚か者達の話を!」
ハマーン様「ならば見せて貰おうか!」

ozy「先ずは機体名“すーぱーはまーん様”形式番号:HMN−01C。“すーぱーふみな”をベースに改造したガンプラだ。グリプス戦役中のハマーン様がモデルになっている。」
ハマーン様「どうやらその様だな。」
ozy「“すーぱーるなまりあ”の時もそうだったが、元々のキットの造形では胸と腰の間が長く、妙に細くなっていて不自然な体型になっている。その為、2mm程カットして自然な体型にしてある。」
ハマーン様「なんだ?“すーぱーるなまりあ”とは?知らんな。」
ozy「そして更に0.1mmのプラ板を曲げて身体に巻き付け、ライターで熱を加えていく。そうするとプラ板が溶け出して収縮し、身体に密着していく。また、指で加工も可能になる。そうして衣服らしい外見にしていくのだ。これも“すーぱーるなまりあ”で行なった技法という訳だ。」
ハマーン様「ここで言っておく。火を扱う。ヤケド、火事には注意だ。決して子供は真似をするでないぞ。」

ozy「頭部はミンキーモモの様な特徴的な髪型とピンク色であるので、全体的にパテをゴツ盛りしてそれっぽくしてある。目もハマーン様は切れ長眼力鋭い系で、そのままではイメージとかけ離れてしまう為、一度パテで埋め、ヤスリがけをして慣らしてある。」
ハマーン様「貴殿、今私の髪型のことをディスったであろう?フン、まあよい。ヤスリがけが甘くて輪郭がスッキリしておらぬ。さらに眼は手抜きであろう?」
ozy「いかにも、眼はシールを作って貼ったのだよ。」

ハマーン様「フンっ、くだらんな。眼はフィギュア系の命だという事を知らんのか。シールに頼っているようでは、いつまでたっても上達はせぬ。貴殿の理想とやらも、たかが知れているというものだ。」
ozy「く….。流石だな、ハマーン・カーン。そこまでハッキリ物を言うとはな!だが、まだまだこれからだ…私が望んだ終幕は!」
ハマーン様「ならば見せて貰おう!その終幕とやらをな。」

ハマーン様「なんだこの光景は!?」
ozy「フフフ….。ようやく驚いて頂けた様だ…。私も嬉しいよ、ハマーン・カーン!」
ハマーン様「これは本当にMSなのか?まるで人の様ではないか!?」
ozy「そう、すーぱーはまーん様はもはやMSではない。完全なる自己判断A.I.を搭載し、パイロットを必要としないMS…。
これがモビルドールというものなのだ!!」
ハマーン様「モビルドール….だと…?」

ozy「中でも、このすーぱーはまーん様は全てのモビルドール達の統括を行う。それまでの、Sガンダムに搭載した、“ALICE”を始めとしたA.I.をさらに進化させ、統治型A.I.の“Haert of Queen”を開発したのだ!フフフ…..。ハマーン・カーン。貴女の言動は非常に参考になったよ。」
ハマーン様「私の言動をコピーしたという訳か!?」
ozy「そう、そして隣のギャンには騎士型のA.I.“Royal Guard”を搭載、そして隣のガブスレロには、普通にマシュマー・セロ君が搭乗しているっ!」
ハマーン様「何と…!そこまでA.I.を進化させていたとは…!ん?マシュマー?」
ozy「あ、彼は単純にやりたくてやってるだけだが。」
ハマーン様「全く…。何をしておるのか…。」
ozy「因みに、マイクはOFFにしたのだがね..。彼は少々賑やか過ぎてね…。」
ハマーン様「一向に構わぬ。」

ozy「そう、それはさておき!これこそが人の夢!人の望み!!人の業!!自らが戦わずとも、モビルドールが敵を殲滅するのだ!そう、兵は不要となるのさ。」
ハマーン様「フンっ!機械が敵を倒すという事か?気味の悪い話だ。」

ozy「世界は歌のように優しくはないのだよ、ハマーン・カーン。戦いともなれば多くの犠牲が伴う。我が兵を死に追いやるより良いとは思わんのかね?」
ハマーン様「フン!貴殿は機械の力で手に入れた勝利に、大義があると思うか?」
ozy「犠牲の上の大義とはな。傲慢だな、ハマーン・カーン。戦争は勝って終わらせねば、意味が無いのだよ。」
ハマーン様「たとえそれで勝ったとして、血の通わぬ勝利では、平和も長くは続かぬ。それが何故判らぬか!」
ozy「ならば、存分に殺し合うがいい。 それが、望みならばな!」

ハマーン様「貴殿とは意見が合わぬ様だな。しかし、この絵面にこの論争、少々滑稽だとは思わぬか?」
ozy「フッ、そうかも知れんな。問題は、我々にとって何が重要なのかということだ。」
ハマーン様「それはそうと、このモビルドールとやら、特に何も武装がない様だが、これで如何様に戦うのか?まさか平手打ちで敵を倒すという訳でもあるまい?」
ozy「フフフ…。それも一興。だが、別の方法を用意してある…。」

ゴゴゴゴゴゴ…..!

ozy「それがッ!S.T.A.N.Dだっ!!」
ハマーン様「何ィ!?」
ozy「出ろ!S.D.キュベレイ!」

ドゥィーーーーン!

ハマーン様「なんだッ!?コイツはッ!何処から出て来たんだッ!?」
ozy「本体のヴィジョンが守護霊のように使い手の“傍に立つ”…。コレが“S.T.A.N.D”。つまり略して”S.D.“だ。もちろんイメージは”キュベレイ“」

ハマーン様「馬鹿な…..ッ!!何だこの古臭いデザインは…!?こんなモノが、今更存在する….だと….!?」
ozy「フフフ…..!1/220 無印キュベレイがベースさ。SDクロスシルエットフレームを多少改造したものに、キュベレイの外装を装着させているのさ…!」

”S.D.“キュベレイ

S.T.A.N.D ステータス 評価
24点
破壊力  C
スピード A
射程距離 A
持続力  C
精密機動性 A
成長性   C

能力 : マイクロファンネルを10基搭載し、それを用いたオールレンジ攻撃。1/220である為、非常に小さく、ファンネルを破壊するのは最早不可能。ファンネルのビームは弱いが精密性が高い為、装甲の間を攻撃出来る。
欠点として、ファンネルを無くしたら二度と見つからない、キットに付属しているが、作る気持ちになれない等があげられる。

ハマーン様「成る程、S.T.A.N.Dというのは、モビルドールが操る遠隔操作型の機体という訳か。しかし、敵機がS.T.A.N.Dをくぐり抜けた場合はどうする?やはり平手打ちか?」
ozy「フハハっ!なかなか面白い発想ではないか、ハマーン・カーン!しかしそうではない。まだまだこれからだ…私が望んだ終幕は!最終形態を見るがいいっ!」
ハマーン様「何っ!?最終形態!?」

ozy「そうだ!さあ高まれ小宇宙(コスモ)よ!今こそセブンセンシズに目覚めるのだっ!!」
♫デデデ デーデデ デデデ デーデデ♫
♫デデデ デーデデデ〜〜♫聖闘士◯矢ーーーーっ!!(エコー)
ハマーン様「なにいーーーーっ!!コレはーーーーっ!!?」

ozy「どうかな?ハマーン・カーン!!これこそが最終形態!!」
ハマーン様「コレは!!ガンダム聖衣(クロス)!!!」
ozy「そうだ!その中でも最上位の杞憂琶麗座(きゅべれいざ)!!白金の聖闘士のガンダム聖衣なのだ!!」
ハマーン様「なんと…!!」

ozy「内なる小宇宙(コスモ)を燃焼させる事で様々な必殺技を放つ事が出来るのだ。」

必殺技
「コロニー・インパクト」
敵の頭上にスペースコロニーが落下。
「ロイヤルローズ・ギャラクシー」
辺り一帯に広がっていく薔薇から一斉にビーム射撃。
「うろたえるな!俗物共がっ!!」
カリスマ性で吹き飛ばされる。

ハマーン様「ここに来ての聖闘士◯矢ネタは無理があるのではないか?」

ozy「フッフッフッフ…いいぞ、このレビューはいっそう混沌としてきた!」
ハマーン様「いかんな、私とあろう者が、ついペースに乗せられてしまった。」
ozy「さあそろそろ幕としようではないか、ハマーン・カーン。この混沌と化したレビューに一体どれほどのリスナーが付いてきているのか、楽しみだよ。ハハハハハっ!!」
ハマーン「ふむ、この感じ….。いい加減にしておくのだな、ozyとやら。モビルドール、おそらく、ろくな事になるまいよ。」

Haert of Queen Haert of Queen Haert of Queen 「結局ハ我等ヲ戦争ノ道具トシテ考エルカ...。恥ヲ知ルノダナ、俗物供....。」 Haert of Queen Haert of Queen Haert of Queen

コメント18件

  1. @kazz_ho 3週間前
    • ozy 3週間前
  2. ばじーな@EVOI17 3週間前
    • ozy 3週間前
  3. KOU 3週間前
    • ozy 3週間前
  4. もんじ 3週間前
    • ozy 3週間前
  5. まるいるか@Maru_Iruka 3週間前
    • ozy 3週間前
  6. @sawat1203 3週間前
    • ozy 3週間前
  7. 敗残兵 3週間前
    • ozy 3週間前
  8. じゅーきち 3週間前
    • ozy 3週間前
  9. リオル 3週間前
    • ozy 3週間前