GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ガンダムダブルオーグリッター

ガンダムダブルオーグリッター

前回の「ガンダムダブルオーゼペリオン」の強化改修をした機体です。
強化改修をする際に、機体のコンセプトを大幅に変更して作りました。前回は「もしGBNで使う機体」で作りました。この後直ぐに宇宙世紀シーリズを鑑賞して、ハマり「宇宙世紀の世界にもしGNドライヴの技術が開発されたら」で製作しました。
機体名のグリッターはコンセプトにそって、GNドライヴという新技術とサイコフレームが融合し、新たな可能性と輝きを生み出す機体、という意味を込めてつけました。
機体説明
連邦軍が新たなに開発したGNドライヴを搭載してあり、さらにユニコーンガンダムの補修用パーツが流用された、フルサイコフレーム機。「ユニコーンガンダムの魂を受け継いだ」とも言える機体
通常の武装に加え、戦況や敵機に応じて使用する換装式の武装がある。
通常の武装は、頭部バルカン・両腕のビームサーベル・強化ビームマグナム・バックパックのツインバースターである

バックパックのツインドライヴは一回り大きめのものにし、生成されたGN粒子を無駄なく動力にする。脚部にもGNドライヴを搭載してあり、本機はGNドライヴの4乗の出力を出せるように設計されている。そして、サイコフレームの性能も健在で、サイコフィールドを発生させることができる。サイコフレームは機体起動時に無条件で緑へと光りだしNTDを発動させた場合、さらに光は輝きを増す。

両腕に搭載されたビームサーベルはGNドライヴからエネルギーをチャージし、使用する。エネルギーの放出量を変化させて、威力は変えることも可能である。トランザム使用時にはビームサーベルの威力が数倍に跳ね上がる。

強化ビームマグナム
ビームマグナムを本機専用に大幅に強化したもである。リーロドする際に、Eパックカートリッジにトランザムの高濃度圧縮粒子をチャージしておけば、ビームマグナムの遥かに上回る威力のビームを発射可能である、しかし両腕でしっかり固定し、使用しないと腕に負荷がかかり、その後の戦闘に支障を出す。

ツインバスター
主に戦艦やモビルアーマ、敵機複数撃破に使用する。動力炉を直結させ、高火力を出せる構造になっている。最大出力であるフルバーストは戦闘の始めに放ち敵を撹乱させたり、敵の集団に放ち殲滅するなど使用方法は様々である。トランザム時にフルバーストを使用すると、高濃度圧縮粒子を過度に、動力炉付近に集中させる、上にトランザムで使用できる残りの高濃度圧縮粒子を全て、フルバーストのエネルギーに使用するため、使用後はオーバーヒート寸前になる、オーバーヒートによるシステムダウンや内部爆発を防ぐために、一定時間のクールタイムに入り、その間、機体の出力は通常の約半分まで落ちてしまう。トランザム時のフルバーストには大きなデメリットも存在する。

グリッドトランザム
本機独自のシステムで、実際のところはトランザムとNTDの同時使用である。
本来ならトランザムは使用時に機体は赤く発光するが、グリッドトランザムの場合未知の現象を引き起こす。トランザムの高濃度圧縮粒子とサイコフレームが反応しあい、機体はサイコフレーム同等、緑に光輝く。
この時機体のスペックは通常の約4倍ほどまで上昇する。通常のトランザムやNTDも使用可能である。

感想やアドバイス、コメント等々よろしければお願いします。

コメント3件

  1. UR 2週間前
  2. アマゴリ 2週間前
    • YUUKI MKⅥ 2週間前

YUUKI MKⅥさんがお薦めする作品0件

  • ガンダムダブルオーグリッター・フルアーマー