GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

グフ高機動型タイプ

グフ高機動型タイプ

一年戦争時にて

地球圏内でのG型ザクより白兵戦を特化に作られた機体であり通常のグフよりバーニアを増加したことによりエース級しか扱えない機体と化した化け物に近い機動力を誇るようになった。

ただ、地上でしか運用ができないのは相変わらずで装甲や火力も通常のグフと対して変わらん為かこのグフは極少数に絞られた量産しか目処とされておらず幻の機体として扱われるようになる。

「……んで、この一年戦争での骨董品を今になって扱うとはねぇ。まぁ、補給もねぇ戦争なら骨董品でも戦えねぇと連邦に一泡吹かせれないってか」

その機体を見上げた男はそう愚痴りつつもこの機体に搭乗し、その後ラプラス事件でのトリントン基地にて襲撃に参加する。

謂わば彼からすればそんな”骨董品”でも思い入れがある機体だけあってか,かつて一年戦争から生き残っていた男は最後にこう呟いたという。

「とうとう俺も亡霊になる順番が回ってきたようだ。最期の最期にこんな古いもんで戦えんならそれはそれで本望かもな」

……と

男はそう微笑みながらもこの機体を扱ったという。

最後は通常グフとのツーショット( ´∀` )b

グフR35を今更ながら高機動型っぽく作ってみました( ´∀` )b どうか暖かい目でよろしくお願い致します(*`・ω・)ゞ

コメント0件