HGUC百式(REVIVE)
  • 2040
  • 0

HGUC百式(REVIVE)

HGUCの百式(REVIVE)です
良く出来たキットで胴体を少し延長の加工をしたぐらいです。
後は全体的にスジ彫りとデカールでディテールアップをして、一部分にHIQPARTSのディテールアップパーツを使っています。

頭部:頬当ての面出しとHIQPARTSのアンテナ、バルカンの金属製パーツを組み込んでいます。メインカメラ部はホロシートを貼り、見る角度で虹色に変化するのがポイントです。

胴体部:胸部にボルト状のパーツを埋め込み、胴体部を延長加工しています。
またフロントアーマーとリアアーマーの裏打ちをプラ板から切り出してます。

腕部:ハンドパーツにEIGHTメカハンド角の8mmを使っています。

脚部:足裏の肉抜き部は塞ぎ、くるぶしアーマーの裏打ちを同様にしています。

バックパック部:ウイング部を後ハメ加工したぐらい。

武器類:バズーカの一部にプラ板ディテールをしてパーティングラインを塞いでいます、後は無改造です。

塗装:ガイアカラーのアルティメットブラックからのクレオスのNo.9ゴールドをエアブラシ塗装。関節メカ部はガイア、バーチャロンカラーのメタリック色、胴体はクレオスのフタロシアニンブルー C-322です。
墨入れはエナメル塗料を使用、なるべくブラックは避けて、グレー系にイエローやブルー系のクリアカラーを調色しています。
デカールを貼った後にガイアカラーのクリアを吹いて仕上げいます。
デカールは、肩の「百」をクリアデカールで自作しました。

とにかくクレオスのNo.9ゴールドがキレイです!昔と違ってメタリックの粒子が細かくて手脂が付くと大変でしたけど、理想の百式が出来て良かったー♪

斜め後ろから

バックパック部

上半身部

斜め上から

頭部アップ

脚部

腰部

違うアングルから(全身)

アーマーの裏打ちパーツ

胴体の延長加工部

頭部のバルカン部分

バーニアのディテールアップ

武器類の仕上げ、銃握り手もメカハンド角

作り直したデカール

頭部アンテナとメインカメラのホロシート加工

  • サイトの埋め込み

HGUCの百式です、 GUNSTAさんに投稿しました♪

コメント0件

HGUCゲルググJ

‪ゲルググの中でもヒロイックなスタイルの イェーガーです。 改造ポイン…

GP-02A ガンダム試作2号機

発売当時に購入したキットです… 元々イイキットなので、少しいじるだけで…

HGジムスナイパーⅡ

HGジムスナイパーⅡです なかなかのいいキットですね プロポーションは…

関連ガンプラ作品

HGUC ジム・ストライカー

個人的に連邦機で最も好きなジム・ストライカーを 敢えて強カッコいいをヤ…

  • 0
  • rating_star16
  • 80

メッサーF01型

メッサーを質感重視で仕上げました。

ジム・クラスタシア

Crustacea=甲殻類 つまるところ”蟹ジム̶…

  • 0
  • rating_star39
  • 144

シルヴァバレトサプレッサーtypeUC

シルヴァバレトサプレッサーをユニコーンガンダム風に仕上げました。バナー…