GUNSTA

MSK-008Ⅱ ディジェⅡ”D2″
  • 2648
  • 1

MSK-008Ⅱ ディジェⅡ”D2″

UC0088グリプス戦役、第一次ネオジオン紛争が終結した直後。
地球連邦軍内ではあるささやかな問題が浮上してきていた。
それは元ジオン軍所属の熟練兵に配給する機体の不足であった。
もちろん”ネモ”や”ジムⅢ”など扱い易い機体はあったが、ジオン系MSの操縦感覚からの機種転換訓練は熟練兵にとっては難航となった。
そこで白羽の矢がたったのがMSK-008ディジェであった。元々、公国軍MSの技術を使っている”リック・ディアス”を母体に設計されたディジェは形状や操作性の観点から元ジオン軍兵には好評だった。
そこで連邦軍からAE社にディジェ改修型の開発が依頼された。担当したのはグラナダの第二研究事業部。
開発から約1年程でMSK-008ⅡディジェⅡが完成した。陸戦型であったディジェを宙間戦闘も行える様に改修され外見もジオンのゲルググに更に寄せて(腕部・肩部等)作られた。ディジェⅡを略して”D2″と現場から呼ばれたこの機体は数機が製作され実戦に投入されたが高コストとジオン兵が連邦軍を離れる事が多かった為、量産はされなかった。後年この機体の設計データを基にした機体が外郭部隊のエースパイロットに供給されたという。

~~~~~
説明が長くなってしまいましてすいません汗
初投稿になります。タイ4roです。よろしくお願いします!

武装
ビームライフル
ビームセイバー×2
頭部バルカン2門

ビームライフルはゲルググ、ガルバルディβが使用していた物を収束率を上げ改修したものを装備。

ビームナギナタは現場からは取り回し辛いと不評であったがその刃の形成状、切断性は良かった。そこで第二研究事業部はニッポンの刀からアイデアを得てビームセイバーを開発。切断性とリーチはそのままに取り回し易くなった。しかしエネルギー消耗率が高く両手にフル状態で装備すると30秒でオーバーヒートを起こしてしまうという欠点を持つ。

脚部熱核ホバーは3次元ノズルスラスターに変更され、新たにジェットバーニアが追加されている。
また宇宙空間でのアンバック、姿勢制御の為リック・ディアスのバインダーを装備。バインダー側面にKARBA AIR FORCEとあるが当時カラバは連邦に吸収されていたので何故書かれているか真偽は謎である。

設定は以上です。
ここからは塗装についてです。
ガンダムセンチネルに登場するFAZZの外装を外した状態を参考にカラーリングしました。
ざっくりとですが使用したカラーです↓

本体グレー ガイアニュートラルグレーⅢ
バインダー等 ″ Ⅳ
ソール等 ナスカコバルトバイオレット

一番拘った塗装はツインアイとバーニアです。ガイアカラー偏光塗料アレクサンドライトを使用して角度によって色味が変わるようにしました。

ビームライフルはタイミング良くシステムウェポンセットがGBTで再販になりそれを組み合わせて作りました。

当初は以前モデルグラフィックスで見たバージムをディジェで再現しようとしてました。途中で方向転換して連邦の技術で作るゲルググをテーマにしました。

毎回自分で課題を作って制作をするのですが、今回は左右対称のスジ彫りをする。を一番の課題にしました。なかなか難しかったですが、一つステップアップ出来たかなと。

画像だと分かりにくいのですが、脚部側面の○型バーニアはネオジム磁石を使って可動出来るようにしました。磁石を使うのも初めてでした。工具に何度も付きました(苦笑)

塗装前の状態です。
色々なことを経験させてくれた作品になりました。
自分にとっての代表作です!
長々とした文章で失礼しました汗
またここまで見て、読んで下さってありがとうございました😌

  • サイトの埋め込み
  • 報告する

初投稿になります。良かったら見て頂けると嬉しいです!

コメント1件

  1. Jean-luc Martel 6か月前

ディジェとゲルググが大好きで、作る作品はかなり偏りますがよろしくお願いします!

関連ガンプラ作品

code-φ フルカスタム

ガンダムブレイカーモバイルのcode-φカラーにgエルスを塗装しました…

ダークハウンド コードキーパー

HG AGE-2 ダークハウンドと、MG クロスボーンガンダムフルクロ…

HI-ZACK Phantom RMS-…

オリジナルシリーズ2nd「ガイア小隊」No.3。UC153頃、迫り…

ビルトシュバイン・イミテイト

シナンジュ・スタインを改造しました。 スーパーロボット大戦に出てくるビ…