【1/144スケールHG ガンダムヴィダール】
  • 752
  • 4

【1/144スケールHG ガンダムヴィダール】

「1/144スケールHG ガンダムヴィダール」を【全塗装(つや消し)】で仕上げた作品となります。
ブルー部分、ブラック部分、ホワイト部分を明度違いで2色ずつ調色し、2トーンで彩色しています。
合わせ目消しやモールドの追加は行なっていませんが、ガンダムヴィダールの印象を崩さないように丁寧に制作しました。

▲ガンダムフレームは焼鉄色(BURNT IRON)やシルバーで塗装し、アクセントにしています。
それら以外の箇所も付属シールを使わず細かく塗り分け再現しています。
更に市販のコーションデカールでデコレートしています。

▲上記の説明文にもありますが、ブルー系塗料で塗装する部分、ブラック系塗料で塗装する部分、胸部のホワイト系塗料で塗装する部分を明度違いで2色ずつ準備し、2トーンで彩色してみました。

▲頭部周辺。
ディティールやモールドが際立つように細かく塗り分けています。
また、アンテナ先端をシャープに加工しています。

▲胸部周辺。
この部分も頭部周辺同様に細かく塗り分けて情報量をアップさせています。
また、特徴的な胴(シリンダー)周辺はよく干渉し合う箇所なのでクリアリング作業をより念入り行っています。

▲両脚と左膝周辺。
これらの部分も各部同様に細かく丁寧に塗り分けました。
また、特徴的なバーニア部分もしっかり塗り分けており、薄っすらと焼け表現も施しています。
焼け表現にはタミヤさんのウェザリングマスターDセットを使用しています。

▲リアクター(バックパック)とサイドアーマー。
これらの部分も各部同様に塗り分けています。

▲各武器とヴィダール専用の持ち手。
ライフルの一部とハンドガンの銃口周辺を市販のパーツを使ってディティールアップ。
バーストサーベルの刀身先端を延長しつつシャープに加工し、シルバーに塗装しています。

▲パッケージグラフィックのポージング。

▲アニメ初登場時に一瞬見せたポージングその1。

▲アニメ初登場時に一瞬見せたポージングその2。

▲ライフルとバーストサーベルを持たせて。

▲ハンドガンを持たせて。

▲ハンターエッジを展開させてアニメ初登場時に一瞬見せたポージングその3。
ハンターエッジの刃にあたる部分はシルバーに塗り分けてアクセントに。
しかし、設定ではハンターエッジに刃(切れ味)は無いようです。

  • サイトの埋め込み

「1/144スケールHG ガンダムヴィダール」を【全塗装(つや消し)】で仕上げた作品となります。 合わせ目消しやモールドの追加は行なっていませんが、ガンダムヴィダールの印象を崩さないように丁寧に制作した作品です。 沢山の方に見ていただけたら嬉しいです。

コメント4件

  1. dope 2か月前
    • ルナ 2か月前
  2. @mi2oto 2か月前
    • ルナ 2か月前

【1/144スケールHG ガンダムアスタ…

「1/144スケールHG ガンダムアスタロト」を【丁寧なゲート処理と部…

  • 0
  • rating_star23
  • 456

関連ガンプラ作品

ガンダムAGE-1 2号機

以前プレバンで発売された、MGのAGE-1 2号機をHG AGE-1を…

  • 0
  • rating_star4
  • 104

SEEDHG1/144「ブリッツガンダム…

「黒いガンダムに乗った者は死ぬ」と言うジンクスを 忠実に再現したのが …

エルドラグシオンリベイクフルアーマー

グシオンリベイクフルシティとセラヴィーガンダムのミキシングで、ビーム兵…

  • 0
  • rating_star32
  • 392

シャイニングガンダムII

シャイニングガンダムを自分好みに改造&可動域の拡張を目指しまし…

  • 3
  • rating_star44
  • 576