MGS-2 リベリオンガンダム
  • 992
  • 0

MGS-2 リベリオンガンダム

18年12月末から制作していた自分専用機で

この機体を作った経緯としては今までやった事ない事を詰め込もうっていうコンセプトで作りました
以下機体説明
MGS-2 リベリオンガンダムは月の裏側にある秘密工場で極秘裏に開発された機体制御が非常に複雑であり人1人での操縦が困難と判断された為AI搭載小型球体ロボハロをコックピットに搭載しこれにより機体制御が単純になり開発からロールアウトまでたったの半年で実戦投入された
この機体にはリベリオンシステムという特殊なシステムが頭部に搭載されておりこのシステムを使用すると機体性能が通常の10倍に跳ね上がり各部センサーが赤く発光し頭部ツインアイから赤い残像を出すようになり各関節部から水蒸気のような物が放出される
その際の機体挙動はMSとは思えない動きをすると言うだがこのリベリオンシステムを使用し続けるとパイロットの肉体、精神へとてつもない負担がかかるそして連続で使用すればと機体各関節がズタズタになるというデメリットがある
しかしこのシステムを使用すれば間違いなく不利な戦いでもこちら側が圧倒する事が出来る
長文失礼しました
以下武装説明(一部省略

MGS-2 リベリオンガンダム アピールショット1
武装1
頭部80mバルカン砲
主に牽制用として使用する

武装2
胸部ガトリング砲
頭部バルカン砲より威力は高いが取り回しづらいのが難点
MGS-2 リベリオンガンダム アピールショット2
武装3
バスターソード
高機動ユニットに装備される専用の格闘武装 バスターソードとは言っても取り回しづらい物ではなく非常に使い易い物となっている
本体中間部からビームを発信する事で威力を上げることが出来るが一定時間経つとオートで強制冷却される
MGS-2 リベリオンガンダム アピールショット3
武装4
大型ビームライフル
リベリオンガンダム専用に開発された大型のビームライフル取り回しづらいがその分威力は絶大 先端部からビームサーベルを発信する事が出来る
MGS-2 リベリオンガンダム アピールショット4
リベリオンシステム発動時
武装5
アサルトナイフ
大腿部に装備されたアサルトナイフ取り回し易く投擲する事も可能
MGS-2 リベリオンガンダム アピールショット9
高機動ユニット
リベリオンガンダム腰部に接続される専用の追加ユニット
ユニットには大型ソードドラグーン 小型ソードドラグーンが装備され左側に専用のバスターソードが装備される
この4基のソードドラグーンは機体制御システムを管理するハロによって操作される
ドラグーンは基本的に小型の物と大型の物が合体した物を使用するが状況によっては分離させて使うことになる大型ソードドラグーン先端部からビームを発射する事ができ小型ソードドラグーンは小回りが利きこちら側にとって有利な戦いができる
これを装備したリベリオンガンダムは最大で通常の5倍の速度での移動が可能になるが、その分パイロットにかかるGは計り知れない物となっている
MGS-2 リベリオンガンダム アピールショット10
画像荒いですがコックピットです 
RGオーライザーのコックピットを移植しました
MGS-2 リベリオンガンダム アピールショット11
これが18年12月末の状態
MGS-2 リベリオンガンダム アピールショット12
これが19年2月の状態
ちなみに塗装に使用したのはエアブラシです
以下使用塗料
本体色 MSホワイト
各部ブルー MSブルー7MSグレー2つや消しブラック1
各部レッド サザビーレッド
各部イエロー MSイエロー
関節部 武装類 メカサフヘビー
メインカメラ ガンダムマーカー ガンダムアイグリーン
スミ入れ
エナメル塗料
ジャーマングレー
つや消しトップコートを全体に吹いてます
ツインアイ以外のセンサーはラピーテープを貼ってます
閲覧ありがとうございました

コメント

9
強化型ストライクガンダム

強化型ストライクガンダム

Twitterの方で完成報告をしたストライクガンダムです制作…