GAT-X131-R カラミティR
  • 1400
  • 0

GAT-X131-R カラミティR

カラミティR

「地球連合軍第81独立機動群 ファントムペイン」で運用される「GAT-X131 カラミティ(以下カラミティ)」の少数量産仕様。「リビルド1416プロジェクト」で実現されなかったカラミティをベースとした万能機。ベース機から引き継いだ「複列位相エネルギー砲」を内蔵し、汎用フレームである「X100系フレーム」と腰部マウント、ストライカープラグ、「VPS装甲」と「パワーエクステンダー」を搭載した機体。

※以下は「カラミティR」を解説する上でのカラミティに関する公式設定の用語解説になります。読むのが面倒な方、公式設定に詳しい方は飛ばしていただいて結構です。

カラミティガンダム

「機動戦士ガンダムSEED」に登場する砲撃仕様の機体、「カラミティ=災厄・疫病神」の意味。カラミティは地球連合軍内の万能機開発計画「リビルド1416プログラム」のベース機体であるという設定があります。

「リビルド1416プログラム」

カラミティをベースにべトロ二クスや「GAT-X105 ストライク(以下ストライク)」のストライカーパックを部分的な携行部位にする等の細分化を行い、万能機を開発する計画。性能実証機として「GAT-X133 ソードカラミティ」が存在します。その後、万能機計画はストライクの量産機である「105ダガー」へと移行し本プログラムは事実上の頓挫してしまいます。

ソードカラミティガンダム

「リビルド1416プログラム」に基づいて開発された、性能実証機。砲撃仕様のカラミティとは対照的な近接格闘仕様。3機が製造され、全て実戦投入されています。しかし、「リビルド1416プログラム」の頓挫でカラミティの系列機の開発は一時途絶えてしまいます。

「アクタイオンプロジェクト」

地球連合軍第81独立機動群「ファントムペイン」と、アクタイオン・インダストリー社主催の企業チームによるGAT-Xシリーズ強化再生計画。プロジェクトの内容は「試作MSの再評価」。「GAT-X131B ブラウカラミティ」がカラミティの強化プランとして開発されます。(統合兵装ストライカーパック「I.W.S.P.」はC.E.71年には連合軍内での実機は無く当プロジェクトで建造された。)

ブラウカラミティガンダム

「アクタイオンプロジェクト」で開発されたカラミティの各種武装が2倍に増強された機体、超砲撃能力を会得したものの、機体の建造費が年間予算の数倍となってしまい、その後の歴史でカラミティの系列機は量産化される事はありませんでした。

※恥ずかしながら、当ページは非常に妄想が激しくなっております。文章も多めです、苦手な方はせめて画像だけでも眺めてあげて下さい。

「カラミティR」の¨R゙は「リビルド=再創造」の頭文字になります。ネーミングの法則性は「ストライクガンダム」と「ストライクE(エンハンスド)」の関係性と同様です。 装甲材質を後期GAT-Xシリーズの特徴である「TP装甲」からC.E.73年当時流行の「VPS装甲」へ変更し防御力の向上を図っています。そのため、待機時には「ディアクティブモード」になります。(VPS装甲=バッテリーの許す限り、物理攻撃をほぼ無効化する装甲、PS装甲の発展型、TP装甲もその一種)※画像は編集しています。
「VPS装甲」への変更にあわせ、可動時間延長の為の強化バッテリー「パワーエクステンダー」を搭載しています。「パワーエクステンダー」搭載型の連合製MSの共通の特徴としでベース機と比べ機体色が黒ずむ゙という設定があります、それになぞらえてカラミティの機体色をダークトーンとしたものを「カラミティR」の機体色に設定しています。
大きな特徴として「カラミティR」には「ストライカープラグ」が増設されています。カラミティはストライクと同じ「X100系フレーム」が使用されている為ストライカーパックとの相性は良好です。ストライカーパックの高い汎用性は実証されており、本機体にとっては¨ストライクへの先祖返り゙的な改修となりますが、C.E.73年の連合軍の量産機のほとんどに「ストライカープラグ」が備わっており、部隊運用に幅を利かせるための必須改修点と言えます。
前述の通り、ストライクとカラミティのフレームはほぼ共通です。装甲の一部をストライクのパーツに換装しています。ストライカーパックとの親和性を高めると共に、既存の連合軍の量産機「ダガー」を構成する、105系パーツを修理やメンテナンスに使用する事が可能となっています。 固定武装の一つに「対装甲コンバットナイフ・アーマーシュナイダー」があります、ソードカラミティが装備していた物と同一の仕様でふくらはぎのマウントも同様の緊急用武装です。
「カラミティR」の近接格闘仕様です。「リビルド1416プログラム」におけるソードカラミティとストライカーパック「ソードストライカー」のアビオニクスとFCSを利用した形態です。カラミティは見た目にそぐわない軽量機体で武装を外した状態ではストライクよりも軽量であった為、ソードカラミティでは良好な運動性を発揮したそうです。「カラミティR」においてはストライカーを換装せずとも、アビオニクスの再設定のみで距離を選ばない戦闘が可能です。 恐らくですが、「リビルド1416プログラム」で言う¨武装細分化¨とはこういった形態を指すのかも知れません。
ソードカラミティでは専用の「15.78m対艦刀 シュベルトゲベール」を二振り装備していましたが、「カラミティR」では「ソードストライカー」仕様の物を一振り装備します。近接格闘仕様に合わせ、両肩を「ビームブーメラン マイダスメッサー」へ変更しています、こちらはソードカラミティと同一仕様の武装です。 近接格闘仕様であっても「カラミティR」の内臓火器である「580mm複列位相エネルギー砲 スキュラ」も使用可能です。内臓火器の存在は機体の汎用性を低下させる定説が存在しますが、胸部のエネルギー砲の存在は手持ち武器の有効射程、ストライカーパックの種類や有無に関わらず、機体正面の敵機に対して高いアドバンテージがあります。
統合兵装ストライカーパック「I.W.S.P.」です。 カラミティと同じく、「I.W.S.P.」も連合軍内で量産化の再用見送りとなってています。本装備は様々な¨使いずらい¨の要因で不採用となっています。何が¨使いづらい¨かと言えば「器用貧乏」である事、「配置バランス」の悪い事、にあります。改良機種として「ノワールストライカー」等が存在しますが「I.W.S.P.」自体は決して弱いストライカーパックではありません、各レンジに対応可能な射撃武器と攻防一体のシールド、高い機動性、そして対艦刀も備えています。 「カラミティR」はベース機の砲撃仕様(カラミティ)、近接格闘仕様(ソードカラミティ)の実戦経験があり、尚且つ「リビルド1416プログラム」要項の「携行部位」「アビオニクス」の設定も可能である為、「I.W.S.P.」の「器用貧乏」を「汎用性」として捉える事が出来ます。
「I.W.S.P.」の不良箇所である「配置バランス」は「携行部位」を変える事で理想的な「配置バランス」をもたらします。「115mm 2連装衝角砲 ケーファー・ツヴァイ」の運用経験を活かしたアビオニクスの設定を使用する事で「I.W.S.P.」装備中に最もバランスを欠くとされる「コンバインドシールド」の左重心モーメントのスタビライゼーションを図る事が可能となり、「9.1m対艦刀」のマウントを機体腰部に変更する事で¨姿勢制御¨の副次効果を得ます。(元ネタはゲイルストライクのウィングソーの設定)
「コンバインドシールド」は耐ビームシールドとビームブーメラン、高い貫徹力を持つチタンカーバイト鋼を1分間に6000発発射可能とされる「30mm6銃身ガトリング機関砲」を備えています。 C.E.の世界ではビーム刃は互いにすり抜けてしまう上、物理攻撃に対して無敵の防御力を誇る本機でもビーム攻撃は決定打となってしまう為、シールドの存在価値は非常に大きいです。
「9.1m対艦刀」はビーム刃に次いで高い切断力を誇る対艦刀です、ここでは独自設定として「DPX-D30融除剤ジェル」を用いた「ラミネート装甲」と同様の加工を施しており、ビーム刃と切り結ぶ事が可能となっています。C.E.73年にはビーム兵器が一般化しており、通常の「9.1m対艦刀」ではビーム刃に切り裂かれてしまう為です。大ぶりの対艦刀を二振り構えた姿はソードカラミティを彷彿とさせます。
「I.W.S.P.」上部の「115mmレールガン」「105mm単装砲」は「カラミティR」を¨カラミティ¨らしいシルエットへと形作っています。「I.W.S.P.」の恩恵で「砲撃仕様」の性能を存分に発揮する事が出来ます。「カラミティR」本体は「対空自動バルカン砲塔システム」が搭載されていない為「105mm単装砲」はミサイル迎撃等の機能補完をする上で重要な存在となります。
「GAT-X102 デュエル(以下デュエル)」用に開発され、後に少数量産された「175mmグレネードランチャー装備57mm高エネルギービームライフル」のロングバレルモデル。「I.W.S.P」は実弾兵器が主な為、実弾兵器を無効化する¨PS装甲搭載機¨との交戦の際はビーム兵器の存在が重要となります。デュエルもまたカラミティと同じ「X100系フレーム」であり、「カラミティR」では本武器を標準武装としています。
「フル装備」状態です。別名「パーフェクトカラミティ」。「カラミティR」は「地球連合軍第81独立機動群 ファントムペイン」所属「特殊戦闘艦ガーティー・ルー」の艦載機です。同艦には「X100系フレーム」量産機「ダガー」が配備されている為、運用上の支障は少なく、艦に搭載されている各ストライカーパックも当然使用可能です。
感想・まとめ 「リビルド1416プログラム」を掘り下げ、「カラミティR」という機体を作ってみたわけですが、模型的な解説を一切していませんね、世界観の話ばかりになってしまいました。 模型的な話をすると「脚部の延長」「アーマーの裏打ち」「ストライカープラグ増設」「ストライクとのミキシング」を行っています。 宇宙世紀作品ばかり作っているので、久しぶりにSEED系のスタイリッシュでかっちょいいガンダムが出来たので個人的には満足です。 「ウィンダム」の発売が待たれていますが、付属の「ジェットストライカー」を本機につけても面白いかも知れませんね。(2020年5月14日現在)
  • サイトの埋め込み
ストライカーパック対応のカラミティガンダムの量産仕様です。

コメント0件

ガンプラモデラーというよりは、「機動戦士ガンダムシリーズ」好きの者です。 設定考証に囚われた作品が多く、講釈垂れてます。 作品投稿されてる方はフォローバックします、作品見に行きます。 Twitterもやっております、ひとつよしなに。

RGM-79VCA ジム・ナイトレイダ―…

拠点制圧用MS「RGM-79VCA ジム・ナイトレイダーカスタム」 効…

  • 4
  • rating_star64
  • 1032

System GM-B.D.U (ジム-…

¨ジムC型系列機の装甲換装¨をコンセプトとして、共通パーツを元に装甲換…

  • 8
  • rating_star136
  • 1976

EB-AX2r ガトリングレイズクランク

対無人兵器用支援MS「ガトリングレイズクランク」 エドモントンの戦いで…

  • 2
  • rating_star61
  • 960

RGM-79N ジム・カスタム UC.v…

「ジム・カスタム」のU.C.0096年仕様、いわゆる¨ユニコーンver…

  • 4
  • rating_star49
  • 3176

関連ガンプラ作品

HGガンダムプルトーネ

HGガンダムルトーネを全塗装しました。

HG ユニコーンガンダム デストロイモー…

「バナージ・リンクス、ユニコーンガンダム、行きます!」 HGユニコーン…

バンシィ・ヘル & ナグルファル ~死を…

マリーダさんには死んでほしくない!きっと、アルベルトも同じ気持ちだった…

  • 0
  • rating_star40
  • 552

MG ガンダムアストレア アヴァラングギ…

MGアヴァランチエクシアダッシュと1/100アストレアのニコイチで制作…

  • 0
  • rating_star48
  • 288