GUNDAM BARBATOS BURNING
  • 248
  • 0

GUNDAM BARBATOS BURNING

鉄血コン滑り込み参戦します。

ガンダムバルバトスルプスレクスをガンダムマーカーエアブラシシステムで大理石塗装なる技術をYouTubeで見よう見まねでやってみました。
バーニングゴジライメージで塗装したつもりでした。
結果としては、バーニングっていうより虎柄…焼きミカン… もっと赤を混ぜるとかしたほうがよかったかもしれません。
オレンジ部分はガンダムマーカー単体売りではそんな色がなかったので、5chマーカースレのテンプレに書いてあった「イエロー+蛍光ピンク=オレンジ」を試しました。ただ、混ぜたのでインクが実質通常の2倍だと思われますが、このキットの外装パーツが大きすぎて、インクはかなりギリギリ(むしろ足りないので予備イエローでごまかし)でした。

改造特になしでメイスを自分好みの位置に懸架しました。

腕にクリアレジンでクリアパーツをつけてるんですが(バーニングゴジラの発光部分イメージ)なんですが、どうもこれが微妙ですねw
今回はミキシング等の改造はしていないのでルプスレクス従来のギミックは健在です。
眼のエフェクトはビームサーベルのランナーを切ったり曲げたりのお手軽作成。角の裏に引っかけてるだけです。
体も武器も大きすぎて、撮影がとても大変でした。
胸の鉄火団マークをオレンジクリアパーツ(裏地にホロシール)に変更してみました。光を当てると赤く発光して見えるのがうまくいったところです。
台座の製作で使ったものです。コピックペンとエアブラシシステムは中々相性はいいのですが、隠蔽力皆無なのでクリアーカラー的使い方。それだけだとベタベタ、粒子が粗いなどの問題点をスプレーでカバー。粗さもラッカーなので一瞬溶かしたあと乾くからか均一になり、鏡面もいい感じに。 穴開けて、ベースと合体させました。
最後にバック。 バーニングゴジラとバルバトスルプスレクス(三日月)は、不器用で戦うことしかできなくて、息子がいて(できて)、家族のために戦って、最後の戦場では文字通り身を、命も削って戦って…散っていって…それでも思いは受け継がれた。 そんな二人?の共通点を考えながら、このガンプラを作りました。 御観覧ありがとうございました。
  • サイトの埋め込み
焼きミカンじゃないよ

コメント0件

HGUC BD-3×GP-03(G-3 …

今回は、私の好きな宇宙世紀ガンダム2つをミキシング、ガンダムマーカーエ…

  • 0
  • rating_star23
  • 720

関連ガンプラ作品

HGバルバトスルプスレクス

ガンダム・ルプスレクスIBS(Iron …

ASW-G-08 ガンダム・バルバトスルプスレクスとASW-G-11 …

1/100 フルメカニクス バルバトスル…

1/100 フルメカニクス バルバトスルプスレクスです。黒ベースの塗装…

HG GUNDAM THE ORIGIN…

ガンプラに復帰した頃に製作した、HGGTOのRX78ガンダムです。 コ…