ガンダムX クレセント
  • 696
  • 4

ガンダムX クレセント

『ガロード、月は出ているか?』

【ミキシングで○○ガンダムを作る】第3弾、今回はガンダムXを様々なパーツでミキシングビルドしました。

事の発端は『インパルスの胴体って、X似てるなぁ』から始まり、そこから色々と構想を練った上で着手。
基本ベースであるHGCEインパルスは、変形機構による可動範囲の広さから、HGAWガンダムXよりもケレン味溢れるポージングが可能であり、更に様々なギミックで『カッコいいポーズが取れるガンダムX』を目指しました。
尚、クレセントは日本語で【三日月】の意味であり、ガンダムXのリフレクターの形状から名付けました。


ゾンダーエプターにて、ダブルエックス開発の一翼を担っていたガンダムX9901。
しかしヴァルチャー一味による襲撃が始まり、混乱の最中、新連邦によってXは秘密裏に島を脱出…。

そして新連邦の管理のもと、ダブルエックス奪取の失態を補うべく、9901は新たな改修を施される事となった…。

という設定です。

ガンダムX クレセント アピールショット1
昨年に制作した【ガンダム セレーネ】同様、ミキシングでガンダムXをビルドしました。
ガンダムX クレセント アピールショット2
基本ベースキットにはHGCEインパルスと、HGダブルオーなどのパーツで構成し、ガントレットにはX魔王を使うなど、部分的にXのパーツも使ったりしてます。
ガンダムX クレセント アピールショット3
インパルスをベースとした理由が、HGAWガンダムXよりも最新フォーマットキット、且つ変形機構による間接周りの可動範囲の広さが、ガンダムXをよりカッコよく出来ると思ったためです。
ガンダムX クレセント アピールショット4
【シールドバスターライフルMk-Ⅱ】 Xのメイン武器であるライフルもミキシングで作成。マズル&バレル以外は他キットからの流用です。
ガンダムX クレセント アピールショット5
シールド部分は1/100Xディバイダーのディバイダー(盾)のフチ部分を切って幅調整した上で流用。
ガンダムX クレセント アピールショット6
HGAWウィングゼロのバインダー"ヒンジ"部分を使い、取り外し無しでシールド展開を再現しました。
ガンダムX クレセント アピールショット7
尚、シールドバスターライフルは本体下部にピンを取り付け、腕部に装着できるようにしています。
ガンダムX クレセント アピールショット8
【ハイメガビームソード】 HGAWガンダムXのビームソードは小さく、そこでより強力に見せるためにビーム部分は1/100ヴァサーゴの物へと変更。
ガンダムX クレセント アピールショット9
ビームソードを構える際もHGCEインパルスの関節機構により、HGAWガンダムXでは取れないダイナミックなポージングが可能です。
ガンダムX クレセント アピールショット10
【マグナサテライトキャノン】 ジェガンブラストマスターのサテライトキャノンと、リフレクターはX魔王からそれぞれチョイス。
ガンダムX クレセント アピールショット11
ディテールアップとして、キャノン後部部分にHGIBグレイズ改の頭部と、肩フレームを使いました。
ガンダムX クレセント アピールショット12
細かいギミックとして、アーム接続部分をスライド可動式にしました。
ガンダムX クレセント アピールショット13
僅かな可動ですが、これで収納時と展開時のポジションが楽に出来るようになってます。
ガンダムX クレセント アピールショット14
【初期プランニング】 腕周りはXのままですが、この時点で広い可動範囲は立証済みでした。
ガンダムX クレセント アピールショット15
足回りの可動範囲をさらに広げるため、リアスカートにも可動式にするため、ギミックを盛り込んでいます。
ガンダムX クレセント アピールショット16
【最終決定案】 塗装前の状態。こうやって見る事で、どこにどのパーツが使われているのかと、Xのパーツがほんの一部しかない事がわかります。
  • サイトの埋め込み
HGCEインパルスをベースにガンダムXを作りました☆

コメント4件

  1. Kagerou(影楼) 7か月前
    • マックベイ 7か月前
  2. Wataru 7か月前

大体の作品が赤く塗られてます。 高確率で、グレイズのパーツが使われています。

関連ガンプラ作品

2021年最新作