GM・ジオン残党鹵獲仕様
  • 288
  • 1

GM・ジオン残党鹵獲仕様

ジオン残党が鹵獲したGMを自軍の戦力として利用している、と設定。捏造かと思いきや、実は書籍作品の側にネタがあるんです。

GM・ジオン残党鹵獲仕様 アピールショット1
まずは全体像。細かな改造は結構しているのですが、根本的な形状や四肢のサイズは一切変更していません。
GM・ジオン残党鹵獲仕様 アピールショット2
リヤビュー。バズーカ砲はラックも含めてHGUCガンダムから流用、ラックの接続に絡んだ改造を施しています。
GM・ジオン残党鹵獲仕様 アピールショット3
レンチェフ少尉曰く「これだから連邦製は使いづらいんだ!」のシーンをイメージ。これで元ネタがわかる人もいる筈。
GM・ジオン残党鹵獲仕様 アピールショット4
音を立てずに敵を撃破するなら、これが一番…という山刀。如何にも必要に迫られてでっち上げた、というのが狙いだったりします。
GM・ジオン残党鹵獲仕様 アピールショット9
完成後はほとんど見えなくなるものの、足首近くのシリンダーをディテールアップ。と言ってもダミーなんですけどね。
GM・ジオン残党鹵獲仕様 アピールショット10
ただ、この改造には大きなデメリットがあります。写真左の様に、シリンダーがつかえてしまい、思いきったポージングが出来なくなってしまうのです。
GM・ジオン残党鹵獲仕様 アピールショット11
あくまでそれらしくディテールを入れただけですが、スカートアーマーの分割線は新版MGのそれに準じた物にしています。写真下、リヤスカートに貫通させたスリットは、バズーカラックの取り付け穴。
GM・ジオン残党鹵獲仕様 アピールショット12
山刀はプラ板の積層や貼り合わせ。野暮ったく、制式採用品に見えないなら成功です。
  • サイトの埋め込み
ジオン残党が利用するジムを、出典のネタを踏まえつつ自分なりにカッコよく作りました。

コメント1件

  1. garuruga0426 6か月前

北海道某所で活動しているモデラー兼レイヤーです

関連ガンプラ作品

2021年最新作
  • rating_star22
2021年最新作