YMS-06 ザクⅡ評価試験型
  • 304
  • 2

YMS-06 ザクⅡ評価試験型

初投稿です!

originザクⅡを自分好みに改修しました。

以下、機体説明です。

機体番号:YMS-06-2

対MS戦闘を視野に入れたジオン公国上層部は、地球方面軍設立と同時に、「地上戦術評価試験部隊(通称:Y-06小隊)」を設立。

地球の厳しい環境に適応するために、現地での試験は必須であるとし、第一次降下作戦でオデッサへと降り立った。

Y-06小隊には、4機のザクⅡF型(改修されなかったC型とも言われている。)が配備され、機体番号YMS-06の後に1から4までの番号が与えられた。本機はその2番機にあたる。

本機は右腕に75㎜3連装ガトリング砲、左腕に試作型ヒートホークを装備している。通常、装備品はマニピュレーターでの携行が基本であるが、着脱式にすることで、火力の増加を可能にした。主に白兵戦を主として設計されており、背部に推進器が増設されている。

これらのコンセプトはMS-07B-3に受け継がれることになる。

Y-06小隊はオデッサ作戦に参加し全滅している。しかし、本機は調子不良のため作戦に参加することはなく、本機パイロットである”ジョン.Y.ムルクス(階級は技術少尉)”により、オデッサ作戦敗戦後に持ち出された。各地を転々とした後ユーコン級潜水艦によって地中海を渡り、リビアへと行き着く。

そこで中央アフリカ方面隊に再編成され、Y-06小隊として組み込まれた。ムルクス技術少尉は(再編成後に大尉へ昇進)終戦を迎えても戦い続け、残党軍としてアフリカ戦線でゲリラ戦を続けていた。

事態を重く見た、地球連邦軍は残党狩り部隊「片翼の狩人」を設立し、アフリカへと送るが、、、。

エナメル塗料で「Sieg Zeon!」って書いてみました。文字を書くのは、なかなか難しいです、、、

顔や、胴体、足回りの動力パイプは、電子部品の配線と、熱収縮チューブを使用して作りました。

また全身プラ板貼付と、足回りをパテでツィメリットコーティングしてあります。(分かりにくいかも)

ガトリングはジャンクパーツで、試験型ヒートホークは、ガルマザクのものを本キット付属の腕部グレネードに接着しました。

塗装は全て筆塗りで、最後にウェザリングを(ウォッシング、チッピングなど)しました。

試験型長身ザクマシンガンを作成中なので、完成したら載せたいと思います。


自分の作品を見ていただきありがとうございました。

  • サイトの埋め込み
初投稿です!この前のoriginザクⅡ、ガンスタに投稿してみました!ぜひ見てくださいね!!!

コメント2件

  1. Tulsa_Birbhum 1週間前
    • Y.です 1週間前

関連ガンプラ作品

MS-06C-6/R6 ザクII C-…

白背景で撮影したら宙に浮いているような感じになりました コロナウイルス…

  • 0
  • rating_star13
  • 80

隠密作戦

origin版ザクⅡをジオラマ仕立てで制作。

呪術士ダーティギャン

円卓の騎士編に登場するダーティギャンを作りました。 ベースは三国伝の胡…

  • 12
  • rating_star115
  • 760

宇崎 花 フィギュアライズバスト・フミナ…

アニメ「宇崎ちゃんは遊びたい」より「宇崎 花」を作成。フィギュアライズ…

  • 0
  • rating_star31
  • 552