ASW-G-40 ガンダムラウム
  • 1988
  • 1

ASW-G-40 ガンダムラウム

過去作
以前開催された【GUNSTA・ガンダムフレームガンプラ化計画】に採用していただいたものです。

設定 2人組の傭兵によって廃棄された研究所の地下から発見された3機のガンダム・フレームのひとつ 彼らはガラン・モッサその腕をかわれラスタル・エリオンに紹介されたことかがあり 発見したうちの1機のギャラルホルンへの譲渡とラスタルからの要請があった際にはギャラルホルンに協力することを条件にギャラルホルンが費用を持ち修復された機体。 なおラスタルが二つ目の条件を提示したのは火星のハシュマルのように破壊されず現存しているMAが存在た場合 それが起動したときのための対抗手段を手に入れるためである。
機体に残っていたデータとギャラルホルンにあった資料を元に修復された パイロットはヴァルナ・アースト 彼は阿頼耶識システムを使用しないので修復の際にコクピットをレギンレイズのものと交換している。
・ロングレンジライフル 高出力の専用ライフルでこのライフルに搭載されている長距離カメラは頭部のバイザーとのデータリンクが可能でライフルのカメラの映像をバイザーに移すことでスナイパーライフル以上の距離の照準が可能。 修復する際、阿頼耶識システムなしでこの機能を最大限に生かすためコクピットには専用の銃型コントローラーが増設された(イメージはダブルオーのデュナメス) ・自動制御システム 上記の専用コントローラーを使用した射撃を行う際に機体を制御するためのシステム 簡易AIを搭載しあらかじめプログラムされた行動パターンをベースにシステム起動前の機体の移動速度と姿勢を維持する。 なおコントローラー同様修復の際に追加されたシステムでAIに学習機能は搭載されていない
・サブライフル バックパックに固定されたライフルで通常のものより連射性が高い
・ロングソード バックパックにマウントされている近接武装で刀身にバルカンを内蔵している
・コンバットナイフ
・ブースター 重力下での飛行が可能な高出力ブースターでバーニアによって動力が異なる 外側のバーニアは内蔵した大型タンクによる高出力ブースター 内側のバーニアはバックパックに搭載された専用設計の高出力エイハブリアクターの出力で推進力を確保したエイハブブースター なお高出力ブースターが使用不能になりエイハブブースターのみとなった場合重力下での最高高度と出力は3分の1になる
  • サイトの埋め込み
完成済みの作品の中では一番のお気に入りです

コメント1件

  1. GODAI 1年前

ASW-G-23 ガンダムアイム

過去作 オリジナルガンダムフレーム

ASW-G-45 ガンダムヴィネ

過去作、オリジナルガンダムフレーム

ロストインパルスガンダム

インパルスベース、アストレイノーネーム風。機体設定はGBN用

ダブルオーノワールAW

ダブルオーダイバーをベースに武装にバンシィ要素を入れてみました 名前の…

関連ガンプラ作品

獅雷改-07B

久々に投稿します。 余りに余った獅雷を使ってなにか出来ないが考えてグフ…

ガンダム端白星

ガンダム端白星です🌟 キットのままではなくマルコシアスやGバウンサー等…

狼の王 バルバトスルプスレクス

バルバトスルプスレクス アイアンブラッドコーティング×通常カラー版のミ…

  • 0
  • rating_star14
  • 144

ガンダムアスタロトリナシメントⅡ

アスタロトをベースにリナシメントやオリジンのパーツをミキシングして好み…