エールガンダム
  • 436
  • 0

エールガンダム

ケーキと酒でぼっちクリスマスの成果です。

エールガンダム アピールショット1

EGガンダムライト版に旧HGのエールストライカーとストライクの武装を付けただけです。

本当はHG021のメンテナンスついでにバズーカとシールドを装備してブンドドしてたんですが、

ふと旧ストライクの箱が目に入り、開けてみたら未開封のエールストライカーを発見。

その場で組み始めて色々やってるうちにもう12/25日も半分がすぎてしまいました。


・・・何やってんだよ俺。


EGガンダム本体は角の短縮とシャープ化以外は素組みのままです。

発売日にいつもの店へ駆け込み、ブンドド用と予備パーツ用で2体買っておいて良かった。

エールガンダム アピールショット2

【ビームライフル】

EGに持たせるためにはグリップの枠とフォアグリップの突起が邪魔だったので、

バッサリ斬り落としました。

ライフル末端の段差とEGの手首から腕のクリアランスがピッタリなので、

多少直径は合いませんが手と腕の2点で固定してるのおかげで良い感じに保持できてます。

その代わりにストライク本体では分割手首なので保持できなくなりましたが、

仮に今後本体が必要な事態があってもHGCEを買えばいいので、

改造用のジャンクパーツとして生贄になってもらいました。

【シールド】

ストライク用のマウントパーツは当然EGに合わないので未使用。

変わりに近くに転がってたアニマギアの余剰パーツから3ミリ軸を拝借して装備してます。

多少グラつくので、ビルドブースターMk-Ⅱに付属の余剰ジョイントと交換しても良いかもしれません。

【ビームサーベル】

メイン写真のビームサーベルは本体はストライカー付属のもの。

サーベルエフェクトはHG021から拝借してます。

EGのサーベルは軸が細いためストライカーに付けれませんでした。

エールガンダム アピールショット3

【エールストライカー】

そのままでもEGのバックパックの1軸に合うので問題は無いんですが、

黄色い襟元が引っ掛かって綺麗な位置に固定できず、10分ほどあれこれやってたところ、

ストライカーとバックパックのクリアランスがちょうど「ランナータグ1枚分」なのに気づき、

その場でストライクのランナータグとストライカーの幅を合わせ、雑に切って挟みました。

ガッチリ固定されているので、落下しても不動明王の如く動きません。

難点としては、ストライカー自体が重心が後ろに傾くこうぞうをしてるため、

EGの優秀な関節でも自立にはコツが必要な事でしょうか。

エールガンダム アピールショット4

旧HGのパッケージアートっぽいポーズで〆。

さすがストライクのオマージュ元なだけあり、親和性は抜群です。

ライトパッケージ版の強みは”武装が無い”ので発想が自由である事。

武装という余剰パーツが出ないため、他キットで余ってる武器の行き先になれる事。

RX-78のデザインは「ベスト・オブ・ベスト」だと気付かされる瞬間

コメント

4
HG ジンハイマニューバ(ミゲル・アイマン専用機)

HG ジンハイマニューバ(ミゲ…

HG-SEED-MSV初版当時(2004年)に買って以来、1…

4
フィーチャリングアーマー

フィーチャリングアーマー

某tubeで見た仮面ライダーフィーチャリングセイバーを通常フ…

4
-悪夢-

-悪夢-

リライズコン最後の弾はコアガンダム! 「本編前のヒロトの夢に…

10
フレイダストガンダム

フレイダストガンダム

リライズコン第二弾!ネタ枠です。元ネタが炎属性と氷属性のロボ…