ストライクラータガンダム
  • 680
  • 0

ストライクラータガンダム

HGCE ストライクガンダムをベースにガンプラバトル用のオリジナルガンダムを作ってみました。

特徴はファイター、タンク、フォーミュラの三段変形するラータブースターで、様々なステージに対応でき、ガンダム本体もミラージュコロイドが使用できる為、透明化はもちろん応用すれば水中戦も短時間なら可能。

幅広く活動できることから名前はラテン語の「広い」から付けました。

ストライクラータガンダム アピールショット1

基本形態。

ストライクラータガンダム アピールショット2

後から

ストライクラータガンダム アピールショット3

フル装備。

強力な内蔵火器等を持たない為、攻撃力は低め。

その為、武器を多く装備できるようハードポイントをラータブースターにも設けて補助。


ストライクラータガンダム アピールショット4

ファイターモード。

空中・宇宙用で、主に偵察や陽動に用いられる。

ストライクラータガンダム アピールショット5

タンクモード。

ホバー型で局地的な地形でも運用が可能。この形態時、キャノンの砲身が伸びる分威力は増すが、連射が出来ないという設定。また、スピードは出ない。

ストライクラータガンダム アピールショット6

フォーミュラモード。

地上だけでなく水上でも高速で走行が可能。主にレースバトル等で活躍?

ストライクラータガンダム アピールショット7

コンビネーションアタック。

基本的にバトル開始直後にミラージュコロイドで姿を消してブースターを分離、連携攻撃を仕掛けるというバトルスタイル。

ストライクラータガンダム アピールショット8

戦場を選ばない究極の万能機のように紹介致しましたが、実のところは器用貧乏の塊。

攻撃力は低く、宇空地水の地形適正はせいぜい中の上止まりで各専用機体には及びません。

ストライクラータガンダム アピールショット9

塗装前。

ここまで来るのが大変でした…。

ストライクラータガンダム アピールショット10

製作開始時。

結局スパイクシールドは使わないことにしました。

ストライクラータガンダム アピールショット11

途中経過。

当初はGNドライブ搭載ガンバレルで行こうと思ったのですが、見送りました。両肩のアンテナはその名残です。

また、別の機会で使いたいです。

ストライクラータガンダム アピールショット12

途中経過。

ガンダム本体はほぼ決まってましたが、バックパックと色が決まっておらず、しばし迷走して現実逃避したりしてました。

ストライクラータガンダム アピールショット13

没ネタ。

各モードに変形する際、センサーが干渉するので差し替え式に。

しかしそうするとキャノンの伸縮部分と干渉するので一部に切れ込みを入れることに。

でもそうするとキャノンが伸びた時に切れ込み部分が露出してしまう為、見えるギリギリ手前で止まるようにプラ板でストッパーを自作。

ところが、センサーを紛失したため没となりました…。


  • サイトの埋め込み
大いに迷走した果てに完成した俺ガンダム。器用貧乏の見本みたいですが、そこが気に入っております!

コメント0件

ガンプラを少々嗜んでおります。