ゲイル・ファントム
  • 2004
  • 0

ゲイル・ファントム

機体名:ゲイル・ファントム

(ゲイルは強風、ファントムは亡霊)

この機体は、以前投稿したアバドン・ロディのパイロットが後に搭乗するヴァルキュリア・フレームのモビルスーツです。素体はグリムゲルデです。これを制作するのに1番苦労したのは、なんといっても塗装。ガンダムマーカーのブラックが、4本もなくなりました。今までで1番塗料にお金かけた。

 

一応機体の設定としては

大破したアバドン・ロディに代わり、新たに彼女の乗機となったのが、この「ゲイル・ファントム」。この機体には、現在の技術だけでなく、厄祭戦時代に失われた筈の技術も組み込まれている。その技術は、アリアドネの届かない無法地帯とも呼べるデブリ帯で、ユグドラシルから派遣された調査隊が偶然見つけたもの。しかも2つも。

1つは、アスタロトオリジンの装備として知られる〈γナノラミネート〉。

もう1つは、この機体の最大のうりである、〈十六夜システム〉。このシステムは、ゲイル・ファントムに装備されている16ものγナノラミネート・ブレードを無線で展開させ、対象を攻撃するもの。十六夜システム発動時は、機体胸部にあるアンテナが頭部に移動し、各センサーの強化の役割を持つ。

さらに、アバドン・ロディからステルスシステム〈shadow〉も受け継いでいる為、十六夜システムと組み合わせると、敵に感知される事なく屠れるので、チート機体である。ただし、パイロットへの負荷が大きい為、支援用自立型ロボット〈ハロ〉のサポートが必須である。

ゲイル・ファントム アピールショット1

武装(機体本体)

破断刀×2

ヴァルキュリア・バスターソード改×1

ショットライフル×1

γナノラミネート・スラッシャー×2

γナノラミネート・ブレード×16

 

武装(支援機・大和)(機体腰部に接続)

大型コンテナ×2

ディフェンスソード×1

ゲイル・ファントム アピールショット2

破断刀二刀流↑

ゲイル・ファントム アピールショット3

破断刀一刀にショットライフル↑

ゲイル・ファントム アピールショット4

十六夜システム起動↑

ゲイル・ファントム アピールショット5

ヴァルキュリア・バスターソード改↑

「改」と付けたけど、機体に接続できるようにした事以外では、全く手をつけてない

ゲイル・ファントム アピールショット6

γナノラミネート・スラッシャーで攻撃

ゲイル・ファントム アピールショット7

γナノラミネート・ブレード展開!

コメント

6
アバドン・ロディ(最終決戦仕様)

アバドン・ロディ(最終決戦仕様…

アバドン・ロディの最終決戦仕様です。主に前と違うのは①ダイン…

4
アバドン・ロディ(重武装形態)

アバドン・ロディ(重武装形態)

前回の投稿の重武装形態です。装甲や兵装を一気に追加しました。…

6
アバドン・ロディ

アバドン・ロディ

今度は鉄オルのその後を描いたオリジナルストーリーを作り、それ…

7
ガンダム・ソレスタルビーイング

ガンダム・ソレスタルビーイング

ガンダムEXAとダブルオーが交わった世界をオリジナルで作って…