GUNSTA

コピーできました!

RX-78-1 プロトタイプガンダム
  • 720
  • 0

RX-78-1 プロトタイプガンダム

RX-78-1 プロトタイプガンダム
イースター休みで塗装を完成させました
ベースはHG ORIGIN版RX-78-02で、プロトタイプ風に改造および塗装を施しました
…何番煎じになってるか知りませんけどw

キットはORIGIN版RX-78-02の前期型か中期型のどちらかを作れますが
本機制作時のパーツチョイスは
「我々が熟知しているRX-78-2から一番乖離している見た目」
という方針を取っています
よって胸は左右非対称の前期型、
胸部武装は全展開、肩は突起がある中期型に、
武装は前期型ビームライフルとショルダーキャノンを装備し、
ガトリングガンも両手に装備しました

RX-78-1 プロトタイプガンダム アピールショット1

角度変えて

プロトタイプの腕の特徴は最初プラ板で盛るつもりでしたが
効果が薄いのでやはり削ることにしました
アンクルガードの特徴はガンスタの作例だとプラ板で造形するのが多いが
私は開口で表現しました

ビームライフルは設定通りに作ると
中期型ライフルのグリップとスコープを外して埋めるのが一番簡単な気がしますが
キットの特徴をわざわざ消すのが勿体ないと思うので
前期型ライフルからスコープを外すだけにしました

RX-78-1 プロトタイプガンダム アピールショット2

後ろから

プロトタイプガンダムは非使用中のライフルを背中にではなく
右のサイトスカートのホルスターに付けるので
背中の穴は使い所がなくなりました
それでも埋めずに残しておいたのはもしハンマーを入手できたらそこに付けるためです

私は普段はウェザリングの類はしないのですが
本機は設定上いかにも古臭い感じがするのでドライブラシ初挑戦しました
デカールもいつもより多く使っています
但し本機はアムロの乗機にはならなかった設定なので
ホワイトベースやアムロ関連のマークは一切貼っていません

RX-78-1 プロトタイプガンダム アピールショット3

また角度変えて

本機のカラーリングについて
明るい色のところを銀にするか白にするか悩んでいました
イラストや作例は銀(ライトグレー)が多いですが
一部の商品ではイエローが少しかかったホワイトになったのもあります(ROBOT魂など)
本機ではこの前制作したG-3との差別化を図ってホワイト寄りの方にしました
……いい感じの明るいグレー塗料が見つからないというのが最大の原因だけど

RX-78-1 プロトタイプガンダム アピールショット4

余剰というかオプションパーツ
一応全パーツを同じ工程で制作しました
中期型ビームライフルだけは他の機体に持たせるかもしれないので
ドライブラシはしておりません
※追記:この写真では間違ってエントリーグレードのライフルを入れてしまいました・・・

RX-78-1 プロトタイプガンダム アピールショット5

説明書通りに作ると
肩を換装する際には肩パーツを全部ばらす必要がありますが
実は引っかかる部分を切っておけば楽に外せます

RX-78-1 プロトタイプガンダム アピールショット6

プロトタイプガンダムの特徴の一つとして
HG AGE-2の足関節パーツを整形してから
右サイトスカートに接着してホルスターを作りました
(余談になりますがHG AGE-2フルアームド制作予定)
ホルスターと前期型ビームライフルに磁石を仕込んでおり
ライフルを持たせない時はここに付けます

RX-78-1 プロトタイプガンダム アピールショット7

バズーカの砲身は根元のところ少し切っておけば楽に後ハメできます

オプションパーツからバズーカが消えた気づいた人もいるでしょう
これがどこいった?というと・・・

RX-78-1 プロトタイプガンダム アピールショット8

G-3の色に染まり
エレガントしています

RX-78-1 プロトタイプガンダム アピールショット9

ビームサーベル抜刀の図

逆さに持ったシールドは構えた時に正位置になります

RX-78-1 プロトタイプガンダム アピールショット10

ライフルのスコープにも磁石を仕込んだので
いつでも付けられます

プロトタイプガンダムは設定上ライフルにスコープが付かないけど
私個人の感覚では付いてる方がカッコいいかと

RX-78-1 プロトタイプガンダム アピールショット11

バズーカを取ったG-3と一緒

またバズーカの話になりますが
グリップのところは無改造だと可動域は少々狭いので
前の部分を少し切って可動域を広くしております

RX-78-1 プロトタイプガンダム アピールショット12

うちのHG RX-78集合です
3機それぞれ制作方法が違うけどそんなに違和感がありません
RX-78-1:筆塗り&ドライブラシ、デカール多め
RX-78-2:エアブラシ、デカールなし
RX-78-3:筆塗りだけ、デカール少なめ

HGオリジンガンダムのキットへの感想としては
可動に関しては間違いなく1/144 RX-78シリーズの中で最高レベル
ただし色分けに関してはフンドシのVマークが色分けできておらず、
ここだけBEYONDGLOBALとエントリーグレードに負けています
あと個人的な感覚ですが、自分はオリジンガンダムの頭が気に入りません
私が一番好きなRX-78頭はエントリーグレードの方です

RX-78-1 プロトタイプガンダム アピールショット13

カイ、ハヤト、セイラさん!
ジェットストリームアタックを仕掛けるぞ!

いやアムロお前がやれよ

RX-78-1 プロトタイプガンダム アピールショット14

同型機整列

RX-78-1 プロトタイプガンダム アピールショット15

って何なんお前?

  • サイトの埋め込み

コメント0件

方針は大体「ワンオフ機は原作再現、量産機はカスタマイズ」になる。改造は磁石とLEDを仕込むことが多く、逆にスジボリ、プロポーション調整などは全くと言っていいほどしない。肉抜き埋めや合わせ目消しは極力するけどデカールは少量に控える方向です。前は携帯型エアブラスで室外塗装していたけど、昨年からはコロナのせいで外出を控えて、代わりに筆塗りにしました。ちなみに日本語は通じるけど香港人です。

  • rating_star20
  • rating_star32
  • rating_star19

関連ガンプラ作品

  • rating_star36