GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ドラグーンインパルスカスタム

ドラグーンインパルスカスタム

ビルダーズルームのガンプラウォールにおける2018年10月の月間優秀賞受賞作品。インパルスカスタムはインパルスのバリエーション機の1つで、デスティニープランを巡る戦いの後、ザフトによって開発された全領域対応型MSである。ドラグーンインパルスカスタムはインパルスカスタムにドラグーンブースターを装着した形態にあたる。大気圏内での飛行能力が付与される他、ミサイルランチャーや新設計のドラグーンブレイドが増設されており、集団戦や空間制圧に威力を発揮する。ちなみに、ビルドダイバーズの世界では、この機体はGBN内のフォース(チーム)であるボランティア愚連隊の所属機となっており、マスダイバーとの全面戦争の際には有志連合に協力して緒戦を戦い抜いている。

正面。
背面。
トライデント・レーザージャベリン。実体とレーザー、それぞれの刃を併せ持つ武器。攻撃の際に刃の部分にレーザーを瞬間的に帯びさせる機構を持ち、フェイズシフト及び対ビーム処理の上からでも通常通りにダメージを与えることができる。また、柄の部分は収納式になっており、後述の機動防盾に装着することも可能。
ファイヤビーMk.2(マークツー)・誘導ミサイル。両側スラスター部の前方に内蔵された小型ミサイルであり、ファイヤビーの改良型にあたる。改良前と比較して、威力、射程距離が向上しており、弾幕を張るのは勿論、相手の小隊にもダメージを与えることができる。装弾数は片側が10発で、合計が20発。
グラディウス・ドラグーンブレイド。ドラグーンブースターのために新たに設計された無線誘導兵器で、両側のスラスター部の側面に1つずつ搭載されている。実体の刃にビーム砲を2つ内蔵しており、さらにそこからビームの刃を展開することもできる。また、スラスターを多数内蔵しているため、大気圏の内外を問わずに無線誘導ができる他、有事の際には手に持って使用することもできる。
カトラス・ドラグーンブレイド。グラディウスとほぼ同等の性能を持つ無線誘導兵器で、ドラグーンブースターの上面に2つ搭載されている。但し、こちらはグラディウスとは異なり、手に持って使用することができない。
機動防盾。対ビーム処理が施されたシールド。前述のトライデントを装着することもできる。
トライデントを機動防盾に装着した状態。
合体機構。ドラグーンインパルスカスタムの機体構造は4つの部位に分離する構造であり、コックピットを構成するコアスプレンダー、上半身を構成するチェストフライヤー、下半身を構成するレッグフライヤー、そして、バックパックを構成するドラグーンブースターいう単独飛行能力を持つ4つの部品から成り立っている。
コアスプレンダー。インパルスシリーズの中核を成す独立型コックピット。戦闘力こそ高くないものの、パイロットの生存率の向上に寄与している。かつての大戦において有能なパイロットを損失したことから導入された機構で、射出座席の延長線上にある装備と言える。従来型の脱出カプセルでは生還率の向上が見込めなかった事から戦闘機としての能力が付加されている。
チェストフライヤー。上半身を構成する飛行ユニット。前述のトライデントと機動防盾が合体した機首部分からはビームを発射できる。
ボトムフライヤー。下半身を構成する飛行ユニット。武器はサイドアーマーに内蔵されたミサイルランチャー。
ドラグーンブースター、正面。合体した機体に対して大気圏内での飛行能力を付与する他、ミサイルランチャーと新設計のドラグーンブレイドを搭載しており、集団戦や空間制圧に威力を発揮する。
ドラグーンブースター、背面。合体した機体から分離することで、無人での索敵や強襲などといったサポートを行う。
おまけ。ビームスナイパーライフル。デスティニープランを巡る戦いの後に開発された新設計のビームライフルであり、その威力と射程距離は従来のビームライフルを凌駕する。それゆえに相手の射程圏外からでも目標を狙い撃つことができる。また、全長が標準的なMSの全高ほどある大型の武装だが、銃身が細いため、軽量であり、片手で運用することも可能。インパルスシリーズの標準装備でこそないものの、上記の性能もあり、のちに量産が進められることになる。

ダイバーズコン紅組代表2番機、行きます!

コメント0件