• 496
  • 0
  • お気に入り
  • メニュー

空戦強化型ガンダムX

第7次宇宙戦争の決戦兵器としてGX-9900開発時の不採用案。Xの汎用性を検討したものの、後に空戦特化はエアマスターへ、さらに背後のユニットのコンセプトは戦後にアシュタロンへ、という設定の元にガンダムXを作ってみました。

コトブキヤモデリングサポートグッズのレイジングブースターとソリッドブースターをミキシングし、テスト機っぽいカラーで仕上げてます。

コトブキヤモデリングサポートグッズのレイジングブースターとソリッドブースターをミキシングし、テスト機っぽいカラーで仕上げてます。

カラーレシピは全てスプレー缶で、フレームは黒サフ⇒シルバー装甲の色は本体:MSホワイト胴体・足など:ラバーブラック胴体赤部など:メタリックレッド・黒鉄色ブレードアンテナ:シルバー胸部ダクト枠部:メタリックパープル

カラーレシピは全てスプレー缶で、

フレームは黒サフ⇒シルバー

装甲の色は

本体:MSホワイト

胴体・足など:ラバーブラック

胴体赤部など:メタリックレッド・黒鉄色

ブレードアンテナ:シルバー

胸部ダクト枠部:メタリックパープル

背部ブースターポッドは機体の機動性は上がるものの、元々GX自体が高性能であることとパイロットの負荷が高すぎることから採用はされず、本決戦時にはサテライトキャノンを装備することとなった。戦後、このブースターポッドに近接用武装を追加し、アシュタロンのアトミックシザーズへと継承される。

背部ブースターポッドは機体の機動性は上がるものの、元々GX自体が高性能であることとパイロットの負荷が高すぎることから採用はされず、

本決戦時にはサテライトキャノンを装備することとなった。

戦後、このブースターポッドに近接用武装を追加し、アシュタロンのアトミックシザーズへと継承される。

バックパック中央部は性能計測用のコンピュータということでファイターモードなどに変形はしません。めっちゃ変形しそうですが・・・ 

バックパック中央部は性能計測用のコンピュータということでファイターモードなどに変形はしません。

めっちゃ変形しそうですが・・・

 

武装がビームライフルとブレストバルカンしかないので、どうにかしてビームサーベルをマウントしたいところです。あとソリッドブースターの穴埋め一部忘れてた・・・空戦特化型ガンダムXって名前にしたけど、バリエーション機じゃなくてプロトタイプなら、シルエット的には「ガンダムH」だよなぁと思ったり。

武装がビームライフルとブレストバルカンしかないので、どうにかしてビームサーベルをマウントしたいところです。

あとソリッドブースターの穴埋め一部忘れてた・・・

空戦特化型ガンダムXって名前にしたけど、バリエーション機じゃなくてプロトタイプなら、シルエット的には「ガンダムH」だよなぁと思ったり。

背景も合わせてフィルタかけてるようなカラーリングですが、特に写真は加工してないよって1枚

背景も合わせてフィルタかけてるようなカラーリングですが、特に写真は加工してないよって1枚

コメント

5
密林地仕様ウィンダム

密林地仕様ウィンダム

ウィンダムを陸戦型というか、ミリタリーチックなイメージで作り…

4
GX-9900 ガンダムX

GX-9900 ガンダムX

4年くらい前に作ったMGのガンダムX、個人的に上手くできたの…

5
バルバトスソリッドクリア

バルバトスソリッドクリア

ガンプラ一番くじのC賞、HGガンダムバルバトスソリッドクリア…

4
押入れから1988年の思い出

押入れから1988年の思い出

旧キットの1/100ガンキャノンを、古ぼけた超合金の玩具のイ…