• 3264
  • 0
  • お気に入り
  • メニュー

ガンダムX 重砲撃試作型

第7次宇宙戦争の決戦兵器としてGX-9900開発時の不採用案のひとつ。

ガンダムX空戦装備試作型に続いて、砲撃戦特化装備を実装し、マイクロウェーブを受信して無限に左腕にマウントしているビームガトリングおよび、右腕のビームキャノンを使用できる。

しかしながら、ガンダムX1号機(サテライトキャノン装備)と同時運用する場合、サテライトシステムの軸線上にいなければならず、柔軟な戦略に対応できないことから、内蔵エネルギーを使用する方式に転向され、後のレオパルドとなる。

長々と設定を考えてみたものの、コンセプトは単純に「レオパルドっぽいガンダムX」です。前回作った空戦装備試作型と同様にカラーレシピとしては黒サフ→シルバーで全体塗装後、緑:陸上自衛隊色白:MSホワイトグレー:黒鉄色orメタリックグレイ赤:マホガニーオレンジ:メタリックオレンジで塗装しています。

長々と設定を考えてみたものの、コンセプトは単純に「レオパルドっぽいガンダムX」です。

前回作った空戦装備試作型と同様にカラーレシピとしては

黒サフ→シルバーで全体塗装後、

緑:陸上自衛隊色

白:MSホワイト

グレー:黒鉄色orメタリックグレイ

赤:マホガニー

オレンジ:メタリックオレンジ

で塗装しています。

バックパックは、30mmのジャンクパーツ(主に上半身)とMSGのバーニア、エックスのショルダーバルカンで構成

バックパックは、30mmのジャンクパーツ(主に上半身)とMSGのバーニア、エックスのショルダーバルカンで構成

肩部はダクト?の部分は使わず、MSGのミサイルポッドを装備。ショルダーバルカンだったものは前方に向けられるので、よりレオパルドっぽさが出たかなと個人的には思ってます。

肩部はダクト?の部分は使わず、MSGのミサイルポッドを装備。

ショルダーバルカンだったものは前方に向けられるので、よりレオパルドっぽさが出たかなと個人的には思ってます。

右腕のビームキャノン、これもMSGのライフルを組み替えてそれっぽい感じで。

右腕のビームキャノン、これもMSGのライフルを組み替えてそれっぽい感じで。

ガトリングは、ジャンクパーツとプラパイプで。

ガトリングは、ジャンクパーツとプラパイプで。

プラパイプ使っての工作は今回初めて挑戦しましたが、まっすぐ作るのって結構難しいですね

プラパイプ使っての工作は今回初めて挑戦しましたが、まっすぐ作るのって結構難しいですね

我が家のMG GX-9900も3体目になりました。

我が家のMG GX-9900も3体目になりました。

コメント

8
GNX-9901 ガンダムダブルゼクシア

GNX-9901 ガンダムダブ…

MGエクシアが発売され、まだXもDXも旧HGでしか1/100…

9
ガンダムX 空戦装備試作型

ガンダムX 空戦装備試作型

第7次宇宙戦争の決戦兵器としてGX-9900開発時の不採用案…

5
密林地仕様ウィンダム

密林地仕様ウィンダム

ウィンダムを陸戦型というか、ミリタリーチックなイメージで作り…

4
GX-9900 ガンダムX

GX-9900 ガンダムX

4年くらい前に作ったMGのガンダムX、個人的に上手くできたの…