GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ジム・スナイパーⅡ

ジム・スナイパーⅡ

MGジム・スナイパーⅡを全塗装で仕上げました。
初のMG全塗装でしたが、得るものも多く、楽しく製作できました。

私のブログに製作手順などと併せてここには載せきれなかった写真をたくさん載せているので、ご興味ある方はぜひご覧ください。

パッケージ風

やはりジムスナといえばこの射撃体勢。
膝と足首から少し見えるシリンダーパーツはシルバー塗装しています。
バイザーを下ろしているジムスナの顔が多分、全機体の中で一番好きです。

後ろから

バーニアはもちろん、なかなか見えない足裏のモールドまで細かく塗り分けています。
ふくらはぎや肘の丸モールドにはメタルパーツを埋め込んでいます。
情報量が増えるとそれだけ臨場感が増すんですよね。

ブルパップ・マシンガン

素組みでは一色ですが、マガジンや銃身などを塗り分けて情報量をアップしています。
マシンガンを構えるだけでベース機体のジム・コマンドに見えますね。

ビームサーベル

グラデーション塗装でビームの展開を表現しています。
狙撃機体が近接武器を構えている姿ってなんかいいですよね。

シールド裏の塗装

モールドが多かったので、黒一色にせず、少しこだわりました。
マスキングが大変そうに見えますが、マスキング地獄が快楽に感じる自分にとっては至福の時間でした。
マスキングを剥がした瞬間、ガッツポーズでした。

内部フレームの塗装

外装に隠れてなかなか見えませんが、アイアンでメタル塗装しています。
角度によっては見える箇所もあるので、見えたときに光る演出が効いています。
初めてスターブライト塗料を使用しましたが、普通に吹くだけでプラスチックから金属へ変化する魔法のような塗料でした。

胴体パーツ一覧

外装はつや消し、内装はメタル、と分けているため、くっきりとしたコントラストが出る仕上がりになっています。
胴体は特に内部パーツが細かく、腕の引き出しによって内部機構が見えるため、こだわって塗り分けています。

素組みとの比較

情報量アップの効果が見て取れると思います。
新規モールド追加やメタルパーツなどは当然ですが、ダクト内を塗り分けるだけでかなり違ってきますので、部分塗装するだけでもおすすめです。
この写真を見るたびに「成長したなぁ、お前……」と親目線になってしまいます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

丁寧に製作しました。ご覧いただければ幸いです。

コメント0件