GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

MG HWS νガンダムVer.Ka

MG HWS νガンダムVer.Ka

今回製作したνガンダムは、完全HWS化を前提にして全てのパーツは接着してあります。
本体キットの強度が不足しているので、ヘタリやポロリを防ぐ為ストレスなくHWS化が出来ました。
改造は好みではないので、別パーツの使用や簡単な加工で済ませています。流行っている細かな塗り分け塗装もやらない方向で、ボディーのグレー部分も、ホワイトに近いカラーで塗装し、一色に近いイメージで仕上げました。

改造をなるべく行わないで、どこまでそれ以外の事で自分の個性が出せるか?を毎回テーマにして製作しています。

ほとんどの外装パーツを接着し、関節等も強度アップを図っているので素立ち状態でもヘタリはありません。
作るこちら側も重装備な気持ちで挑みました(笑)

ファンネルも全て接着して、バランス改善の為、通常とは違う右側へマウント。

ミサイルポッドも細かなデカールを貼りました。元からデカールの多いVer.Kaですが、それ以外のデカールも多数使用しています。

綺麗に塗る塗装はリアルではなく興味もないので、毎回グラデーション塗装を行なっています。
今回はチタン塗装が一番映える塗装となりました。

Hi-νでも、この塗装をやってみようかな❓笑

胸部のパーツはそのまま付けると隙間が大きいので裏側をカットし加工しました。
ミサイルポッドも頭部に近すぎるので、左右を入れ換えてスペースが空くようにしました。

隙間もなくなりピッタリフィットしました。
接着を前提にしているので可能な加工ではありますが。

MGでは再現されていないリアアーマーを、Hi-νパーツを使用して、下側のバーニアカバーをカットし本体とディテールが合うようにしました。

メガシールド部はマフラーにしか見えなかったので(笑)排気管のような金属塗装を行いました。

溶接跡やチタンをイメージして塗装。
バイクモデルでの塗装法が役にたちました!

個人的にガンプラに金属感を表すのは好みではありませんが、今回の製作では加工は最小限にして、その分アイデアを練り上げました。
チタンマフラー化、うまくいきましたね(笑)

メガシールドはとてつもなく重く、垂れ下がってしまう為、左側肩関節は接着しました。
その他関節部も強度アップをして、素立ちでも仰け反らないようにしました。
これが一番効果が大きかったですね!

GUNSTAさんへおじゃましています! ツイッターとは違う画像をアップしました。

コメント0件

趣味でガンプラを製作しています。 加工は好みではなく、得意でもないのでたまにしか手を加えません。 人と同じ事や、流行りには興味が薄く、個性のある作品が好きです。 キットの良さをそのままに、どこまで素の状態で自分なりの個性が出せるか?をモットーに製作しています。 普通の塗装は誰にでも出来るので、グラデーション塗装やデカールなどを主体に製作をしています。