GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

NO SURRENDER

NO SURRENDER

GAT-X105/ZA デイトナストライクとモビルアーマー・ゼニスイージスのコンビネーション。
旧世代のストライクがNJC搭載機と互角に渡り合うためにモビルアーマーに乗り込んだ姿。

モビルアーマー・ゼニスイージス(Zenith Aegis Constructed from Radical Equipment as Limit Less Orbital Object)
頭文字を拾うと、【ザクレロ】と読めるが、あくまでもデイトナのパイロットであるギンザ・ラングリッツが勝手に呼び始めた名前。

デイトナストライク。
ゼニスイージスとの運用を前提として、騎馬状態からの投擲が戦法で、7振りの実体剣を装備。
高速移動の際の空気抵抗を減らすために、流線型の元来イージスに装備されていたシールドを右肩にマウント。

高速移動中に投擲武器を確実に敵機の関節部に当てるためには、従来のマニュピレーターでは限界があった。そのため、【イゼスバイダイト(ices-bie-dyte)】とゆう剛性の高い特殊な合金製の左腕を装備している。

パイロット【ギンザ・ラングリッツ】は元来バイクレーサーだったがモビルスーツの操縦に長けていたため、ギャランティの良さから連合の軍人に転職。デイトナのパイロットとなった。
しかし、過激化して行くブルーコスモスに賛同できず、ゼニスイージスを奪って離反。
以後、オーブ領の一部に身を隠している。

NO SURRENDER はギンザ・ラングリッツの口癖。
神のイカズチ(連合)にも悪魔の運命(ザフト)にも、誰にも屈しない意志。

デイトナの持つビームバズーカ【ハンディ】が、ザクレロ登場時にハンドルとなりパイロットの身体感覚にリンクする【アクシアスシステム】によって、レーサーがバイクを運転するのとほぼ同感覚でモビルアーマーを操縦できる。

正面を向くと、イージスガンダムであることがわかる。高速移動中に4門のスキュラを当てるには、ガンダムタイプのセンサーヘッドが必要だった。

初期案

本体はかなりシンプル

去年のですが載せときます。

コメント2件

  1. アマゴリ 3か月前
    • アイススピード 3か月前