ガンダム4号機
  • 3014
  • 0

ガンダム4号機

MGガンダム4号機とMGガンダムver3.0をニコイチで作成しました。制作期間は約2ヶ月で、カラーリングはセイラマスオカラーを使用しました。

ガンダム4号機 アピールショット1
発売された時期に10年以上差があるキットのフィッテイングが課題の1つでした。フィッテイングには特に時間をかけたおかげで各部違和感なくまとまったとおもいます。
ガンダム4号機 アピールショット2
背面はディテールアップパーツを使って情報量を増やしました。またビームランチャーのケーブルをメッシュパイプに変更しました。
ガンダム4号機 アピールショット3
武装はGHLの付録、「G.H.L-M.A.D GUN」を採用。武器を大型化することで作品全体のダイナミックさをプラスしました。
ガンダム4号機 アピールショット4
ギミックなど動きの少ないシンプルな機体ですが、武器の展開ギミックを加えることで作品の中の変化をプラスしました。
ガンダム4号機 アピールショット5
ガンダム4号機 アピールショット6
頭部もver3.0とニコイチで作成したのでツインアイを発光させることができます。
ガンダム4号機 アピールショット7
ガンダム4号機 アピールショット8
ガンダム4号機 アピールショット9
ver3.0は四肢とボディなど可動に関わる部分で組み込んでいます。
ガンダム4号機 アピールショット10
黄色い部分は主にパテでフィッテイングしました。
ガンダム4号機 アピールショット11
先日宮城県で開かれた展示会「みちもで」にてRX78コンペでは部門賞をいただくこともできました。ガンスタでは写真映えのする作品が評価されがちですが、ただ派手さを求めるのではなく、違和感無くまとめる工作技術などにも注目してもらえると嬉しいです。
  • サイトの埋め込み
ニコイチで作成しました。違和感無しのスタイリッシュミキシングです。

コメント0件

オラオラァ!

関連ガンプラ作品

2021年最新作
2021年最新作