GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

MGダブルオーザンライザー(実戦配備型)

MGダブルオーザンライザー(実戦配備型)

もともとはデータ上だけの存在であったダブルオーザンライザーだったがその戦闘力と潜在能力の高さに着目したソレスタルビーイングの木星チームがツインドライブの実験機として密かに建造していた機体。
木星圏で建造された各種新装備の実験機として運用されると共に有事の際の防衛力として活躍した。
素体となるダブルオーガンダム自体も新技術を惜しみなく投入され刹那のダブルオーガンダムよりも基本性能は高くなっている。・・・というオラ設定。
ながらく時間がかかりましたがようやくお披露目できることとなりました(;’∀’)

正面。実験機というオラ設定なので胸部やフロント・サイドアーマーにオリジナルディテールを追加。最大の特徴となるGNバスターソードⅢは取付方法を変更し、マントのようなシルエットになるように改修を行いました。

正面。シルエットはフルバーニアンやレッドドラゴンを意識しています。カラーリングは自分の大好きなウイングゼロEWを参考に色をちりばめました。

背面。GNバスターソードⅢの取付方法がわかりやすいと思います。

GNヴェスバー+隠し腕。フルバースト的な。

主な改造点はボディの小型化、腹部の延長、太ももの形状変更、ドライブまわりの削り込みなどです。

塗装は黒サフ→白サフ→ガイア系で塗装です。
黒サフを吹いてるので微妙なグラデーションになっている(はず)

本作品はGNフルアーマーダブルオーザンライザーとしてGBWC2019に応募し、1次予選突破する事ができました。

詳しい改造内容やその他の完成写真はブログにアップしてますので良かったらご覧下さい。
よろしくお願いします(>ω<)

MGダブルオーザンライザー(実戦配備型)完成しました。よろしかったらイイね貰えると次回の励みになります('ω')ノ

コメント0件