ソリッドクリアスタンダード
  • 256
  • 0

ソリッドクリアスタンダード

A賞当てたので敢えて今普通のMGでUC作る意味を考えながら作って見ました。

MGユニコーン自体は2回目、キットが出てからそれなりに時間も経っているのでネットで調べながらお手軽に改修出来るポイントを探し、プロポーションを少し弄ってバランスを整えています。

改修したポイントはデストロイモード時のモモ短縮、立ち姿改善の為の足首可動拡張のふたつ。

加工方法は下に載せてます。

結論から言うとEXが出た今MGユニコーンを敢えて組み上げる、全然アリです。

色々な人が改修ポイント出してるとはいえ、そこを差し引いてもほぼ差し替え無しでデストロイモードに完全変身、プロポーションも大きな破綻なし。

ユニコーンガンダムとしての最初のキット化でありながらユニコーンガンダムとして既に完成されていて、バンダイの本気を感じられるキットで、組んでて楽しかったです。

このMG素体のままバンシィ、フェネクス等の数々の派生モデルが作られたのも納得の作りでした。

ユニコーンガンダムは白と赤のツートーンなので、スケールが大きくなる程単調に見えてしまうといった特徴があり、本来はデカールで情報量を増やすしか無かったのですが、本キットはクリアパーツが良いアクセントとなって見る人を飽きさせないデザインになっています。

今回改修したのは足首とモモ、まず足首は右側を見ると本来のパーツ同士が干渉してる部分があり、やや直線的な立ち姿になってしまうので、切り取って可動範囲を広げました。

ちょっと分かりにくいですが、左が加工後。

間接がより曲がるようになりポージングの幅を少し広がりました。

ただしこの加工、MGにしては結構間接が緩くなるので、フルコーンやフェネクス、ペルフェクティビリティのような重装備だと間接補強しないと厳しいかも、スタンド使うなら問題はないと思います。

モモ部分は足の長さ問題解消のためにデストロイモードではめるミゾ部分を2ミリ程度下に移動しています。

方法は、さっき足首加工で切り取った部分をプラ板として再利用、瞬間接着剤でミゾ上部分に接着、その分だけデザインナイフで下にミゾを拡げてストッパーが本来より下の位置にハマるようにしています。

今思えばランナーに付いてる板状部分を使ってサイコフレームの色と合わせれば良かったかも。

今回クリアとノーマルパーツが混在するモデル、素材を活かすためノーマルパーツは気持ち墨入れをしてつや消しを吹き付けてメリハリをつけています。

アンテナはガイアカラーを筆塗り、はみ出したところは溶剤をつけた綿棒で拭き取ったり渇ききったらデザインナイフでカンナみたく削って落としたりしました。

以上が今回の改修部分です。

ここまで見てくれてありがとうございます。

MGユニコーン、いいぞ。

  • サイトの埋め込み
EXじゃないUCもいいぞ

コメント0件

お久しぶりです

ルナゲイザーネプテイト

ルナゲイザーにネプテイトウェポンズ付けてみました。 ルナ・スターゲイザ…

Gジェネ風ウイングゼロ(EW)

GジェネCG風に光を反射してテカるガンダムを作りたくなりましたので。

フェイスニューガンダム

ベースガンダムとフェイクニューユニットをミキシングしました。

フェニックスガンダム

フェニックスガンダムを気の向くままに塗装しました。

関連ガンプラ作品

ユニコーンガンダム

背景が酷くてすみません。グラデーション塗装を目指しましたがただの色むら…

MAGE2-ラビット・ツクヨミ

うさ耳装備の決戦仕様 テーマウサギと月

  • 0
  • rating_star14
  • 200

HGUC ユニコーンガンダム デストロイ…

HGUCのペインティングモデルに、光の結晶体に付いていた緑色のフレーム…

  • 1
  • rating_star11
  • 200

MG ジェスタ

MGジェスタを強くなさそうなカラーで塗ってみました!ewacジェガンと…

  • 2
  • rating_star49
  • 456