GUNSTA

コピーできました!

MG1/100 ASTRAY Flame custom(焔改

MG1/100 ASTRAY Flame custom(焔改

MGアストレイレッドフレーム改を使用。

表面処理後に筋彫り追加、プラ板やジャンクパーツを貼り付けたり。

関節パーツのクリアランスも確保しているのでガシガシ動かせます。

名前の由来は炎っぽく見える(ように頑張ってみた)塗装から。

MG1/100 ASTRAY Flame custom(焔改 アピールショット1

そもそもディティールが多いキットではあるものの、様々な形でパーツ形状を変えてみた。

プラ板やジャンクパーツの貼り付け、スジボリやモールド追加、加えて肉抜きや装甲パーツの切り欠きなど。装甲パーツを切り欠く際は裏のモールドを基準にしました。

MG1/100 ASTRAY Flame custom(焔改 アピールショット2

両側に装備した菊一文字も虎徹も抜けるけど、背中に携えたデカい得物に手をかけた姿っていいじゃない??

膝周りなど、一部のパーツは左右非対称にしてます。

MG1/100 ASTRAY Flame custom(焔改 アピールショット3

剣と呼ぶにはあまりにも大きく、重く、分厚い一振り。

さすがに宇宙でしか運用されないよな???

MG1/100 ASTRAY Flame custom(焔改 アピールショット4

もちろん、各形態への変形も可能。

ちなみにツインアイにはハセガワのフィニッシュシート?を使用。

シートは3枚重ねたものを使ってます。

MG1/100 ASTRAY Flame custom(焔改 アピールショット9

全てのパーツはガイアノーツのExブラックから塗装スタート。

黒い部分は炎っぽく見せたかったので、黒を吹きつけた後にスポンジで、少し模様を描くつもりでポンポンしたりシュッシュってしたり。

使用したのは市販のスポンジとエナメルのクロームシルバー。

MG1/100 ASTRAY Flame custom(焔改 アピールショット11

ポンポンしたらクリアーイエローを全体に、そのあとで部分的にクリアーオレンジでグラデーションしてあげたらこんな感じ。

炎に見えたらやったぜ(

MG1/100 ASTRAY Flame custom(焔改 アピールショット12

全体で使用した塗料は

下地→Exブラック

赤→プレミアムパールレッドブリリアント

金→スターブライトゴールド

クリアーオレンジとクリアーイエローなどなどは先述のとおりで、墨入れはタミヤのエナメルブラック。アクリル塗料は全てガイアノーツのもので、塗装後にONIウレタンにてコートしてあります。

  • サイトの埋め込み
こいつ…珍しくごく普通のガンダム作りやがった…

コメント0件

Twitter@whezavy

関連ガンプラ作品