GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

旧キット1/144「陸戦型ゲルググ」

旧キット1/144「陸戦型ゲルググ」

「オデッサの戦いに敗れたジオン軍はヨーロッパから撤退。地中海対岸のアフリカまで戦線を後退せざるを得ない状況へと陥っていた。アフリカ戦線での再起を狙うジオン軍は各個ゲリラ戦での作戦を展開。しかし連邦とジオンとの兵力差は20対1。今勝ち目の無い灼熱の戦いが始まる。」(妄想)

まえ

陸戦型ゲルググ作りました。

使ったキットは旧キットのゲルググキャノンです☆

キャノンヘッドでゲルググ作りたくなりましてキャノン無しでのアレンジです。

ななめ

エネルギー変換にビームナギナタを利用した妄想設定なハンドメイドのビームライフル装備。

近接用にヒートナギナタ装備。
コチラはハンドメイドビームライフルに出力取られて性能が安定しない為のダウングレード。及び三連装ミサイルランチャー装備。

よこ

スカートとスソにあるはずのバーニアをオミットして踵位置を後ろへ下げました。

うしろ

ランドセルを適当なパーツででっち上げ☆

ビームライフルから伸びるハーネスも背中に接続。機体から給電するイメージ。

「ふぅ。GMキャノンが分散していたら危なかったな。」

ビームナギナタの刃の形を射撃するビームライフルの砲身は焼けただれ出力は1/3程度まで低下。

ヒートナギナタも発熱不足で突き刺す事しか出来なかったのだ。

後方より駆けつけた援軍のマゼラトップの援護で辛くも連邦を沈黙させるも引き分けと判断した方が正しかった。

ここはとある「砂漠の駐屯地」

戦略的価値の薄い方面でも連邦軍のジオン掃討作戦が展開していた。

物資の乏しいアフリカで、激烈を極めるジオン狩り。

彼等は生き残る事が出来るだろうか…

新たに加わった一機の「ゲルググカスタム」

単騎でGM二機GMキャノン三機の中連隊を突破しての合流。

しかし撃破された部隊は間違いなくはぐれ隊への合流を別部隊へ報告したであろう。

砂漠のど真ん中で、尻尾を掴まれた寄せ集め部隊の絶望的な生き残り作戦が始まろうとしている…

ゲルググキャノンから作りました☆

股関節接続位置をアルミ線で身長伸ばし足首もアルミ線で後方へ下げました☆

マルっと余ったキャノンは又何かに転用しよお(*゚▽゚)ノ

久々作った駐屯部隊。
やっぱデザート塗装はカッコイイな☆

コメント4件

  1. Tadahiro Satou 6日前
    • GORO55 5日前
  2. Zoo 4週間前
    • GORO55 4週間前