• 104
  • 0

無印 1/100 セイバーガンダム

ガンプラ製作006体目 無印 1/100 セイバーガンダムです。全身の色分けはかなりされてるキットなので缶スプレーと筆塗りの部分塗装による簡単フィニッシュで製作しました。当時、作画設定の方?によるプラモ用のデザインをしてもらう試みで1/100シリーズが大きく進化した最初のキットだったと思います。今のフルメカニクスの前身となるトライアルかな。

バックショットは大ボリューム!ほぼ変形のための装置を背負っていますが、とてもカッコいいです。

バックショットは大ボリューム!ほぼ変形のための装置を背負っていますが、とてもカッコいいです。

武器はビームライフルとビームサーベル。ビームライフルは収納形態に変形可能です。股間接がほとんど動かないため、ポーズ取りは厳しめ。太もも上部の見えないところをできるだけカットしておくと可動範囲は少し広がりますが、当時は改造なんて全く考えてなかったのでやっていません。

武器はビームライフルとビームサーベル。ビームライフルは収納形態に変形可能です。股間接がほとんど動かないため、ポーズ取りは厳しめ。太もも上部の見えないところをできるだけカットしておくと可動範囲は少し広がりますが、当時は改造なんて全く考えてなかったのでやっていません。

変形は手首を外す以外は完全変形が可能!1/100なのでものすごいボリューム。もう少し幅方向に広いと飛行機っぽくなると思いますが、MS形態のバランスを考えるとうまくまとまってると思います。

変形は手首を外す以外は完全変形が可能!1/100なのでものすごいボリューム。もう少し幅方向に広いと飛行機っぽくなると思いますが、MS形態のバランスを考えるとうまくまとまってると思います。

M106 アムフォルタスプラズマ収束ビーム砲も構えられますが、上方向には厳しめなのでアーム側をもう少し伸ばせる機構があったらよかったかも。MGで発売してくれないかなあ。

M106 アムフォルタスプラズマ収束ビーム砲も構えられますが、上方向には厳しめなのでアーム側をもう少し伸ばせる機構があったらよかったかも。MGで発売してくれないかなあ。

このダクトは筆塗りでがんばりましたがガタガタで見れたものではないです

このダクトは筆塗りでがんばりましたがガタガタで見れたものではないです

翼の白と黄色はシールで補完出来ますが、缶スプレーで塗装しました。比較的うまくいったのではないかと。

翼の白と黄色はシールで補完出来ますが、缶スプレーで塗装しました。比較的うまくいったのではないかと。

コメント

5
MG ジム Ver.2.0

MG ジム Ver.2.0

ガンプラ製作003体目のMG ジム Ver.2.0 です。と…

6
HGUC ギラズール

HGUC ギラズール

ガンプラ復帰 2体目です。復帰したのは模型誌にこのギラズール…

5
MG ガンダム ONE YEAR WAR 0079

MG ガンダム ONE YEA…

2010年にガンプラ復帰して初めて製作したものです。スミ入れ…

5
RG ガンダムMk-Ⅱ ティターンズカラー

RG ガンダムMk-Ⅱ ティタ…

無改造の全塗装です。RGの特徴の2色使い分けは色を考える悩み…