GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

鉄機武者留賦須丸(ルプスまる)

鉄機武者留賦須丸(ルプスまる)

作ってて楽しい作品でした。作ってる最中には無心になれた、そんな作品です。

おっかない顔してますが正気です。明鏡止水や炎水の境地達したと思っていただければ。
身体の二倍以上ある巨大な剣を装備した全体像です!肩の鎧もバインダーのように跳ね上がってます。
剣の全体像はこんな感じです。一枚の巨大な鉄塊を打ち、ルーン文字みたいな刻印が打ってあります。設定として魔界からのギフト。終焉の四賢者の一振り、エグゼキューターという名前の大罪武装です。
苦留油瀬(クリュセ)で発掘され、留賦須丸が使い始めた際はその剣の持つ破壊衝動に振り回されることもあったとか
軽装姿です。担ぐのはソードメイス型の鞘です。名刀を戦闘の度になまくら刀にする為、用意した代物です。
彼の普段の表情です。何を考えているのかわからない感じにしてみたかったのでバルバトスルプスのコミックワールドを参照に描いて見ました。
武者姿です。ルプスとルプスレクスの中間を狙って手をルプスレクスから、全体的なバランスを取るため闇将軍から足を取ってきました。光の力ではなくヤミの力で動くという設定のため、このパーツ敢えて見た感じそのまま使用しました。
後ろ姿です。肉抜き穴が凄いキットで発売当初、この肉抜き穴と塗り分けのため、シールを貼るだけで遊んでました。写真がこれ以上載せられないため省略せざるを得ないですがキチンとガンダムフレームを再現しました。以上です。お付き合い頂きありがとうございました!!

中学生以来封印していたオリ武者に今の自分の技術を持って挑戦しました。

コメント2件

  1. kaz 2か月前
    • アルタン 2か月前