GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ストライクLR(仮)

ストライクLR(仮)

C.E.74 メサイヤ攻防戦前に残存するパーツを集めて現地改修したストライクに、ロールアウトしたばかりの試作ストライカーが装備された機体。(テスト飛行無しには絶対に乗りたくないだろうが、生き残るためには仕方ないのである。)

改修した部位は様々であるが、主に上げると左腕部・胸部・腰部・頭部・脚部。左右非対称の外観で左半身のほうに重量があるように見えるが、左半身の特徴的な装甲はアストレイに使われている発泡金属のため重量バランスは然程変わらない。
背面のストライクパック接続部にはオリジナルのままなので、現況のものは問題なく取り付けが可能。(ただし、左腕にはソードストライカー付属のアタッチメントを換装できない。)
リアアーマー内にはビームサーベルが搭載され、アーマーシュナイダーは外されている。
試作ストライカーはI.W.S.P.やノワールストライカーと同じく統合兵装をコンセプトとして造られた。(オオトリと同時期に製造されたが、オオトリには独自飛行機能があったためこのストライカーのロールアウトが見送られてしまう。)スタビライザーに実体剣が2本搭載されている他、推進翼先端もフィールドジェネレーター内蔵のため通常装甲の切断が可能である。
遠距離武装は高エネルギー砲が左右に一門ずつある。砲塔がセイバーのアムルフォルタスに酷似していることから、ZAFTの技術が加わっていることがうかがえる…。
全体的に武装が少ないため、高エネルギー砲で牽制しつつ、敵に接近してサーベルか対艦刀で切り裂き、その機動力を持って一撃離脱を図るのが本機に適した戦術と言えるであろう。
ハイマットモードも展開可能。大気圏内・宇宙空間の双方で出撃ができる。
ちなみにだが、ストライクLRはLocal Repairedの略。
ストライカーも試製73式I.W.S.P.改(仮)とどちらも正式な名前が存在していない。
(関係者各位のなかではベッセルングの愛称で呼ばれてはいるが...)
最初期は可変機として設計してました。
可変機能をストライカーのみに集約…
(そもそも可変機ならストライク母体じゃなくてもいいじゃないの?used to be 諦めるのは easy)
そして、ストライカーパックの形がようやく決まりました(^^)v
ストライク本体も改造を加えていきます。
コズミックイラ版 Ez8をイメージして、Vアンテナをやめて本体の形も決まりました(^^;)
塗装してデカールを貼って完成!
最後まで見ていただきありがとうございました(^^)

PS 2018/11/21 追記 誤字・脱字修正
19/03/17 画像変更

コメント8件

  1. 三月 兎真 4か月前
    • だーさわ 4か月前
  2. @SynthFollowerR 4か月前
    • だーさわ 4か月前
  3. ヒツジ 4か月前
    • だーさわ 4か月前
  4. ririto 4か月前
    • だーさわ 4か月前