GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

高機動試験型ズゴック

高機動試験型ズゴック

改造用にパーツ取りしてバックパックと腕以外そのまま残ってたアメイジングズゴックをランナーごとの塗装やパパッと汚しをかけて簡単に3日くらいで楽しく作りました。

バックパックを2つ装備した高機動試験型ということなんですが、これはバックパック用に買ってきたビルダーズパーツのMSマリンにバックパックパーツが2つ分入っていたのでフロントに付けるのも面白そうだな〜と思ってつけました。その他の装備はグフ系の装備を付けて近接戦闘系のMSにしてみました。

ヒートロッドが曲げたりした時に塗装剥げするのを危惧してましたが全然大丈夫でした。めっちゃぐねぐね曲げられます。

汚しは水性カラーの焼鉄色とシルバーをスポンジでポンポン付けて行ってその上にウェザリングマスターのオイル色を全体に擦り付けてあります。最後にエナメルカラーのフラットホワイトを付けて少し溶剤で拭き取ることで塩浮き表現を加えて完成です。

久しぶりに汚しをかけましたがやっぱり歴戦の猛者感が出ていいですよね。

汚しをかける前のとりあえずランナーから切り取って仮組みした状態です。
この状態もなかなかカッコ良かったのでちょっと汚しをかけるのに躊躇しました(^^;

潮浮き表現を加える前の状態です。この時点でも全然完成でいいくらいなんですがやっぱり水陸両用型なんで潮浮き表現をつけることにしました。

錆もしっかりつけてあります。ある意味スミ入れも兼ねた作業ですね。

汚しの有る無しでかなり違いが出てます。

簡単に3日くらいで楽しくズゴックを作りました^_^

コメント2件

  1. ThunderFive 7か月前
    • @moaiex06 7か月前