GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

エクリプスゲイザーガンダム

エクリプスゲイザーガンダム

11月の投稿が年内最後は偲びないなと思い、BF外伝に登場したルナゲイザーガンダムの強化発展型機体をコンセプトに作ってみました。
以前から「ヴォワチュール・リュミエールをサブシステムに留めておくのは勿体なくない?」と思っていたので、ガンダムX魔王と組み合わせて殺傷能力を高めて見た所存です。

ぐるりと全体像。

使用したキットは

・HGBF ルナゲイザーガンダム
・HGBF ガンダムX魔王
・HGBD ジェガンブラストマスター
・HGBC ポータントフライヤー(ジョイントのみ)

です。それぞれ

・頭部、両腕、腰部、両脚、武装
・胴体、両肩、バックパック、アーム
・ツインサテライトキャノン、アーム
・ジョイント

に使用しております。

機体の随所にある光沢部はステージ中の「光」を収集・稼動エネルギーに変換する為の太陽電池で、自身の駆動のみならず後述する兵装にチャージするエネルギーをも賄っています。

シール部を黒く塗った上から「極薄シール オーロラグリーン」を貼り付け、角度によって緑色に光るように見えるようにしてみました。
・・・見えるかな?

武装①ビームライフル
バックパックの右ラックに懸架されている主武装。百式のものがベースとなっています。
ルナゲイザーの武器を流用。

武装②ビームサーベル
バックパックの左ラックに装填されているビームサーベル。
ガンダムX魔王の武器を流用。

武装③ツインハイパービームサーベル
バックパックに2本懸架されている高出力タイプのビームサーベル。
柄はジェガンブラストマスター、サーベル部分はガンダムX魔王の流用。

武装④対艦光粒子複合兵装「ドルミール・リュミエール」
本機の最終かつ主力兵器。スターゲイザーに搭載されていた光推進機構「ヴォワチュール・リュミエール」とハイペリオンガンダムに搭載されていたモノフェーズ光波防御シールドシステム「アルミューレ・リュミエール」、ガンダムXの「サテライトシステム」を組み合わせて構築された複合システムであり、キャノン1基で通常のサテライトキャノンの数十倍ものビームを放つ事が可能です。
GBNにおいてはチャージに時間がかかる問題を、前述の太陽電池によって解決しています。

スターゲイザーのシステムが兼ねられている故、無論本来の光推進器としても使用可能です。

モノフェーズ光波防御シールドを展開しながら光推進器による機動力を確保して、ツインサテライトキャノンで一個小隊を消し炭にする・・・なんて荒業も。
ジェガンブラストマスター以上にエネルギーマネジメントが要求されるピーキー機体ですが、決まれば気持ちイイですよね。

武装⑤ビームシールド
ハイペリオンガンダムの両腕にあった「アルミューレ・リュミエール」と同一の機構を組み込んであります。しかも限界時間は実質0!

キメ顔ショット。塗装は今回してませんが、白系統で色は統一されてるんで問題ない・・・よね・・・(バタッ)

コメントをくれるととても励みになります。来年もどうぞよろしくお願いします。。。

コメント2件

  1. end- 6か月前
    • 凍傷C 6か月前