GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

コンテスト対象
XINGストライク[Du]

XINGストライク[Du]

『俺の道…俺の運命は…俺が決めるッ!!』

《XINGストライク[Du]》
XINGは交差を意味するcrossingの略称であり、武装含め機体構成が左右対称になるように設計されている
オプションパーツで射撃武装も持たせられるが、本機は近接格闘を主とする為装備されていない
完成していた場合の型式はMBF−X1 クロッシング

crossingとは交差点とも訳され、二つの道が重なった事を意味するが、これはストライク[王道を行く者]とアストレイ[王道を外れた者]が交差した結果生まれた事に由来している

[XINGストライク]
本機は元々モルゲンレーテでテストされていたストライクとアストレイの長所を掛け合わせた新機体開発の過程で生まれたテスト機
バッテリー搭載機でも長時間の戦闘に耐えられる様に消費エネルギー削減の為実体武器がメインの格闘機の予定で、現在はストライクをベースにアストレイを掛け合わせてる関係でストライクの名を冠している

アストレイのデータはレッドフレームからフィードバックを受けている
だが、テスト中に戦闘に巻き込まれ本機は大破し、そのまま廃棄となってしまう

そして宇宙ではデュランダルの計画を知ったある赤服のZAFT兵が開発途中だったデスティニーのパーツを奪取し逃亡
まだ未完成品だった事もあり、データ流出を恐れ奪還ではなく抹消される事になった

追撃を受け逃亡には失敗、盗んだパーツも宇宙に放り出され消息不明になるも偶然通りかかったジャンク屋によって助けられ奇跡的に生還

事情を話し、消失ポイント付近でパーツの捜索を依頼
そしてその頃テスト機も又ジャンク屋へと流れ着く

パーツは発見されるも損傷が酷くそこからデスティニーの復元は不可能だったが、同時期に流れ着いたXINGの素体にフラッシュエッジⅡの付いた肩周りやバッテリー式だった動力をデスティニーに搭載予定だった物を改造しストライクタイプの胴体に組み込む事で本機は完成した
《XINGストライク[Du]》
本体の完成には遅れたが、デスティニーに搭載予定だったウイングユニットをストライカー式のデスティニーユニットに改修
ウエポンラックに搭載予定だった武装が消失しており、本来の武装では本機の武装が活かされず、又コンセプトである左右対称になるようにと高出力のビーム砲をそれぞれマウントしている
動力源が本来の物よりも高性能になったおかげでウイングを最大解放可能になっている
それに伴いビーム兵器の運用をしても稼働時間に影響が出ない様になった

Duとはデスティニーユニットの略である
完成された本機はビーム砲による遠距離攻撃から光の翼によるミラージュコロイド散布と超加速を利用して一気に懐に飛び込み格闘戦に持ち込む戦法を取る

シールドは持たないが高速機動による回避と頭・胴体・肩・二の腕にはVPS装甲、膝関節以降は装備された電磁ナックルが籠手の役割を果たし、脚部には全体的に追加装甲が設けられている

武器はジャンク屋特製のガーベラストレートの複製品を二本装備し、腕部には電磁ナックル、両肩にフラッシュエッジⅡ、バックパックに高出力ビーム砲を二門装備している
このビーム砲は取り外してビームライフルとしても扱える

OSはコーディネイター仕様
動力源はハイパーデュートリオンエンジン
装甲はVPS装甲(部分)と発泡金属

パイロットはデスティニーを持ちだした脱走兵の元赤服
彼はついに運命の出会いにより、交差点から更にその先へと進む力[光の翼]を得たが
その先に何を見るのか…それはまだわからない…
作ってる最中は戦国アストレイとビルドストライクのミキシングだったのでアンバランスな感じでした
胴体をアストレイっぽくし、ストライクのヘッドにして一気にガンダムに近寄らせました
肩パーツが合わせずらく、何か無いかと思いデスティニーの肩パーツを修正して接続可能にしました
おかげでフラッシュエッジを装備可能に
ビルドブースターに装着されていた大型ビーム砲を本体に寄せ、ランナー棒とボールジョイントでデスティニーのウエポンラックに装着しました

系統別で言えば二作品目になります!まだ初心者ですが、宜しければコメントなどして頂けると幸いです!よろしくお願いします!

コメント0件