GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ジンハイマニューバ・シザースウィザード

ジンハイマニューバ・シザースウィザード

ガンプラ作りのこだわりに迷走していたビルダーが最初に作ったガンプラを見て、今の技術と塗装で作った機体。
量産機でガンダムに勝つ。そうしたこだわりとかつて量産機でガンダムに一子報いた時を思い出しながらガンプラバトルに挑むのであった。

シザースウィザード
ハイマニューバの背中に搭載したメインウェポン。ガンプラアームアームズのキットをフル活用し、完成させた。
特徴は大型の鋏とスラスターで搭載し照る間はスラスターとシールドとして機能しており、攻撃時は有線と無線で相手に挟む。スラスターの出力により、力業で抜け出すことはほぼ不可能であり捕まったら最後、切断されるか潰されるかの2択しかないだろう。

太陽炉装着
ハイマニューバの脚の部分にはスラスターがついているが、ビーム兵器の搭載と切り札のトランザムを使用するため、GNドライヴも搭載している。
被弾率が高い脚の部分ではあるため戦闘中に破損するリスクも高まるが、腕と背中の搭載スペースがなくなる事もできた。

MMI M729 エンジン
ハイマニューバの特徴であるスラスターは戦艦等に使用されるスラスターを使ってるため、シザースウィザードが離れた状態でも機動性を失わずに済んでいる

27mm機甲突撃銃
ハイマニューバに元から搭載されている装備であり、牽制と間接部等の装甲が薄いところを狙うために使用される。

GNガンソード
付録のガンプラを組み上げた後、GN粒子を内蔵させた装備
射程距離は低いが、口径を大きくさせておりツォーンと同じく火力は高い。
剣はGN粒子を纏っておりビームサーベルとつばぜり合いできるようになった。

最初に作ったガンプラを今の技量で再現させました。

コメント0件