GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

【戦慄!ネオダイバー】Xスペクター

【戦慄!ネオダイバー】Xスペクター

「お前は強いのか?なら、この俺と戦え!」

XM-F99E Xスペクター
全高:18.9m
重量:24.9t
動力源:核熱融合炉

ネオダイバーのサスケが操る機体。
既存のガンプラをベースに「レコードブレイカー」を再現した機体であるが、その一方で「フリント」やベース機体である「クロスボーンガンダム」の要素も取り入れられている。
レコードブレイカー由来のミノフスキードライブを用いた機動性と、クロスボーン由来の高い近接戦闘能力をあわせ持ち、その戦闘スタイルはさながら忍者のようにも見える。
これだけだと何の関係もない「スペクター(亡霊)」の名前がつけられているが、その理由は………。

・サスケ
ネオダイバーの一人。
忍者装束を身に纏った少年の姿をしている。
無口で無愛想だがひたすらに真っ直ぐな性格で、ネオダイバー全体の目的であるGBNの支配に賛同こそしているものの、基本的には「自分より強い相手に勝つ」「その為に自らを鍛える」という考えに基づき行動している。
また、正々堂々と戦う事をモットーとしており、故にビルドブーストを自分から使う事はない。
ネオダイバーは共通してGBNの強豪ダイバーの戦闘スタイルを受け継いでおり、サスケはタイガーウルフの要素を持っている。

・ネオダイバー
これまでにGBNに散らばったELダイバー・サラの因子から生まれた、サラの子供達とでも言うべき電子生命体。
自らを「新しい種」と断じており、GBNを自らの手中に納め、自分達の世界にせんと行動を開始した。
削除しても残留データからすぐに再生してしまう為、完全に消去するのは難しい。
共通してGBNの強豪ダイバーの戦闘スタイルや、武装等の要素を持っているのが特徴。
また“ビルドブースト”と呼ばれるブレイクブーストのような現象を引き起こす事もある。

ネオダイバー四天王最後の一人、Xスペクターです。
最年少という事で15m級のクロスボーンをベースにしてみました。
カラーリングはロリコn………青き閃光ハリソン・マディンを参考にしています

武装
・ヒートザンバー/ザンバーショット
ビームザンバーと、「クロスボーンガンダム魔王」のクロスボーンガンを組み合わせた武装。
ビームをショットガンのようにばら蒔くザンバーショットと、銃身部をヒートさせた実体剣とするヒートザンバーの機能を併せ持つ。
剣先からビームの刃を展開する事も可能。
無理やり接着している為、繋ぎ目を攻撃されると破壊されてしまう。

・ビームカノン
両肩のビームサーベル基部を改造した物。
ビームサーベルとしての機能こそ失われたが、高出力のビームを放つ事が可能になった。

・ブランドマーカー
ビームシールド部を利用した近接武装。
ナックルガードのようにマニピュレーターに被せて四角錘状のビーム刃を形成した後、殴りつけて相手を破壊する。

・ビームバスター手裏剣
ビームシールド部を利用した武器。
展開したビームシールドを、そのまま巨大なビームの手裏剣として相手に投げつける。
ビームザンバーと同等の威力を持つ。

・ヒートダガー
足の裏に装備されている実体剣。
キック時に展開する他、回し蹴りの要領で射出し、相手に投げつける事も。

・ミノフスキードライブ
所謂「光の翼」と呼ばれる推進システム。
ユニット内部でミノフスキー粒子力場を発生させて、その内部の電磁波の反発を推進力に変える。
これによりXスペクターは高い機動性を得ている。

い、今俺の機体に何をした?!

わからない?チャームファングよ
その程度の相手、さっさとビルドブーストで倒さないからよ

やめろ!俺は正々堂々と戦いたいんだ!ビルドブーストなど!

はいはい、そういうのは他所でやってちょうだいね

そーら、ビルドブースト!

嫌だぁぁぁーー!!

・ファントムライト
元は「ファントムガンダム」に搭載されているミノフスキードライブの一種で、この機体が「スペクター(亡霊)」と呼ばれる理由。
全身のバーニアや廃熱口から光の翼を吹き出し、それを制御する為のIフィールドを展開する。
いわば「全身がビームそのもの」の状態であり、発動時の攻撃力とスピードは大幅に上昇する。
ビルドブースト発動と同時に発動する為、サスケが自らの意思でこの機能を使う事はない。

・ヒートバイト
放熱用のフェイスオープン機能を攻撃に転用した物。
開いた「口」で相手を挟み込み、放熱機能を使って高熱を浴びせて焼き切るという物。

嫌だ!やめろ!おれはこんな戦いは望んでいない!!

・ファントムシャドウ
ファントムライトによって溢れた光の翼が凝縮して形作られた分身。
質量を持った残像ならぬ「実体を持った残像」であり、さながら忍者の影分身のように、本体と共に集団で相手を攻撃する。
言うまでもなくビルドブースト発動時にしか使えない為、サスケが自らの意思でこの機能を使う事はない。

四天王集結!

タイガーウルフ「悪くねぇ拳だ、俺のフォースに入らねぇか?」
サスケ「遠慮しておく、俺は自分の手で強くなりたい」

『俺より強いヤツを知っているのか?なら、教えてくれ』

コメント0件