GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

GUNDAM ASTRAY ACUERDO

GUNDAM ASTRAY ACUERDO

ガンスタ投稿3作目【ガンダムアストレイアクエルド】です。
今までコンペというものに参加したことがないため、制作スピード改善のためにもいい経験と思い参加しました。
でもやっぱり期限はギリギリになっちゃうんだなこれが…

【機体コンセプト】

シバ・ツカサの機体ノーネイムの後継機ということで、ビルドダイバーズ初期の闇落ち時代の感じも残しつつ、GBNに段々打ち解けていく感じを機体に表現していこうととりかかりました。

【制作ポイント】

まずノーネイムのデザインが複雑かつアシンメトリーで、見るからに漂う悪役感…。

足や肩のパーツを変更し、細マッチョな体型をキープしつつ、ヒーローっぽくなるようディティールを追加していきました。

配色は何パターンも考えましたが、その中でも特に主人公機によく使われそうな配色を選んでいます。

自分のこだわりとして同系統の色でも塗り分ける。
艶の違いを出してデザインを複雑化して見せる事を注意しているので
今回も赤2色はつや消し、灰色2色は半光沢、他は光沢仕上げで塗り分けています。

ガンレットセイバーのクリアパーツは塗装も考えましたが、自分の作品に少し浮く感じがしたので先端にバスター調なパーツを自作しました。

【今回初挑戦して良かった作業】

いつもツインアイ部分はシールを貼ってその上からUVレジンで仕上げているのですが、今回少しポイントで目立たせたい部分(肩や足)にそれを行ったところ、意外に馴染んだので今後も結構使えそうだなという発見でした。

【作品を完成させて】

制作期間中、胸パーツのマスキングや塗り分けがとにかく時間がかかってしんどかったですが、
シバ・ツカサに負けない位の愛を注いだ作品に仕上げることができました。

まだまだスキルは未熟ですが、こういったコンペや展示会などにたまに参加して、モチベーションと技術をもっと上げていきたいなと思います。

ガンダムアストレイアクエルド

右斜め45度

やはりガンダムはバックショット

以前の闇落ち感もしっかり残ってます

艶の差が上手く出せました

自作武器もちゃんと馴染んでる気がします

腰の接続を変更したことにより、可動域も大幅に増えました

あの戦闘シーンが蘇る

腰の接続をぶった切って接続パーツを取り付けました

足は元キットだとベタっとした感じがしたので、ガンダムランシェから拝借

元々複雑なデザインでしたが、特に上半身は手を加えました

接続を変えたことでスカスカに見えてしまう腰部分にはパイピングでカバー

股関節のところも気になったのでパイピングしています

微妙に腰を前に突き出すポーズがとれるようになりました

今回一番の難所だった胸パーツの塗り分け。何日もかかりました

やっと終わりが見えてきてテンションが上がった日です

ノーネイムの後継機として製作しました。 ヴィランだった面とヒーローになっていく面を上手く調和させるようなデザインと配色を意識して製作しています。 機体名は【ガンダム アストレイ アクエルド】です。

コメント2件

  1. Wez@Caitsith 4週間前
    • びーと 4週間前