GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

ASW-G-17H ガンダム・ボティスハーヴェス

ASW-G-17H ガンダム・ボティスハーヴェス

退役したギャラルホルンの兵士が荒廃した辺境の惑星を開拓していた際に発掘したガンダムフレームを補修して形にした姿 ASW-G-17 ガンダム・ボティス ガンダム・ボティスをあるファクトリーでオーバーホールした姿。

発掘後に取り付けたユーゴーの装備を全て外し、装甲を完全新規で作成している。基本的に自分が所有する辺境の惑星の警備や探索で使用しているが、海賊からの防衛やギャラルホルン要請時は武器を振るう。

武器「ケツァルコアトル」
主兵装にしている大鎌、名が示す通り翼竜の嘴に似た形をしている。

発掘時に完全に喪失していた右腕は完全新規設計で作り上げられており、内部にパイルバンカー機能を有している。この機能を掌から強力な空気弾を発射し、掴んだ物を粉砕する「Cattivo gusto stretta di mano(訳:悪趣味な握手)」を繰り出す。

拠点に素早く着くように燃料タンク兼ブースターをオプション装備としている。ギャラルホルンからの要請時等で活用している(しっかり費用請求するとのこと)。

1年前から考えて作り上げていきましたが如何せん技術が無くて不満が残る結果となっています。このままでは終わらせません

コメント0件