GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

令和元年最新作
G-3ガンダム リバイブ

G-3ガンダム リバイブ

リバイブガンダムをG3カラーで。最終決戦仕様に。アクリジョン筆塗りで作成

バズーカ二本。腰にライフルをマウントできるようラッチを作成

カラーリングはMSVだけど、腹とシールドは彩度の低いパープルにしました。アクリジョン発色はとてもいい。

リアルタイプと並べて。マーキング等合わせてます。プロトタイプ、ノーマルトリコロールも欲しくなってきた

マーキングはMSVの大河原先生のイラスト準拠。胸にG~3手に3。シールドは自由に。薄いグレー部は油性ペンで墨入れ。濃いグレー部はグレーのエナメルで。

ベースカラーにグレー+ホワイトの調色で上塗り後。腹はさらに紫+白で薄紫に。頭は後ハメ、前後に0.5幅増し。怒り肩を取り付け軸を上げて修正。こだわりポイント1の手は付属とMSハンド。リバイブはMSハンド01だと少しデカいかも。

こだわりポイント2。甲のアーマーが内側に傾くように足首内側の軸穴を広げ、甲外側の軸を削り込み。甲側も削り込んで調整。ポイント3は腕、腰、股下、ランドセルの3mm穴をマウントラッチ状や蓋の部品を入れてスケール感を保つお手軽改造。ピンセットで外せます。

アクリジョン筆塗り感想。
ベースカラーは隠蔽力もあり塗りやすい。ノーマルは半透過。どちらも乾燥時間短いので、希釈調整したいけどそこが難しい。カラー:水で1:1.3~1.5位が良いみたいだけどすぐ乾いてくので、継ぎ足しながら塗ってました。一回塗ったら乾くまで二度塗り厳禁。臭いが少なく塗膜強度、発色はすごい。細部筆塗りは隠蔽力があるシタデルの方が調整が楽。使いこなしたいので次はエアブラシやってみます。

令和最初のガンプラ完成品。ガンダムが完成するときは格別

コメント0件