GUNSTA

ガンプラを投稿しよう。facebook、twitterアカウントでも登録可能!ログイン会員登録

[G-EX-09 Fortress]

[G-EX-09 Fortress]

型式番号:G-EX-09+AQM/F-01
全長:17.72m 重量:92.05t
武装:イーゲルシュテイン
アーマーシュナイダー
57mmビームライフル
ビームサーベル
大型ソード
高出力ビームライフル
対ビームシールド
小刀
大出力レールガン
3連ミサイルポット

G-EX計画の9番目にあたる機体、形状はG-EX-07に酷似しているがその性能は大きく異なる。
特徴となるのが各部の追加装甲、ビームサーベル等だ。この機体は隠密から強襲、防衛と全てをこなせるように設計されており、その為ビームサーベルが腰にマウントされている。
装甲や武装を追加で本機重量が増してしまったが関節部を強化し補っている。
エネルギー問題は姉妹機であるGN-X20Aを参考にする事で事なきを得た。
この姿の09は隠密仕様である。

[武装]
・57mmビームライフル
今までのG-EX系統の機体には見られなかったライフル。威力はMSならば一撃で落とせる程の威力、このライフルは対MS戦で使用される事が多く、隠密には適していない。

・大型ソード
強襲に適した武装、その重量からは有り得ない速さで敵を一瞬にして殲滅する姿から鬼神と呼ばれているという。
この姿は強襲仕様である。

G-EX-09の防衛仕様、武装は対ビームシールド、高出力ビームライフル、Fortressストライカー。
ストライカーパックを装備する事によりエネルギーが増加、それにより高出力ビームライフルが使用可能となり、防衛仕様に関わらずかなりの速さがあり、それなのに防御力は落ちていない。
追加武装の計画はあったもののG-EX-08の制作及び修復があまりにも多く、計画は凍結した。

本機は十分なデータを取る前に大破しその後の消息は不明である。
G-EX計画で製作された機体の殆どは大破、又は処分されており残っている機体は2機、そのうちの1機はレプリカとしてMS博物館にて展示されている。
この計画の真の目的は##*@&-%…………..(データはここで破損している)

使用したパーツはこれらです、シンプルに仕上げたがったのでね(`・∀・´)
本音を言うとお金が足りませんでした(´>∀<`)ゝ

コメント0件